ニキビがピリピリ痛む時の対処法~赤ニキビ。肌がヒリヒリするニキビを改善する方法

ニキビがピリピリ痛む時の対処法は?

私の考えで書けば、


「ニキビがピリピリ痛む時は、余計な事はせず、できるだけ触らないようにして、自然治癒力で治るのを待つのがベターだと思う」

それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼にきびは、基本的には痛みはありませんが、たまにヒリヒリ痛むニキビができることがありませんか?

これは「赤にきび」という状態で、毛穴の炎症が悪化している状態と言えます。

下手に触ると、悪化します。

赤



▼なので、「痛いニキビ」は、なるべく刺激を与えず、免疫力によって速やかに治す必要があるわけです。

痛みのあるニキビを触ったり、ゴシゴシと洗顔してしまうと、「ニキビ跡」が残るリスクが高まります。
(経験談)

なので、痛みのあるニキビができた時には、まず洗顔を慎重にするということが重要です。
(ニキビの部分に刺激を与えない)



▼「痛い赤にきび」ができてしまうと、焦って早く治そうとして、洗顔料を変えたりする人がいますが、これはあまりお勧めできません。

私が思うに、新しい洗顔料を試すというのは、「肌が元気な時」にやることです。


ニキビができてしまったときには、新しい洗顔料を試したりせず、今までの洗顔料をソフトに使うか、より刺激の弱い、やさしい洗顔料を使う方がいいです。



▼「痛いニキビができた!やばい!ニキビが治る洗顔料を試してみよう!」

というのは、やめた方がいいと私は考えています。

逆に悪化して、「ニキビ跡」さらに悪いと「クレーター」になることもあるからです。
(これも経験談)



「ニキビが痛い」という状態のときには、上述したように、「赤にきび」になっていますので、潰したりゴシゴシ洗顔するのは、絶対に避けなければなりません。


「白ニキビ」の段階であれば、潰したりゴシゴシ洗顔すれば治ることも多いのですが、赤にきびは絶対に触ってはなりません。

私もそれで、ニキビ跡を作ってしまい、失敗した経験が何度もあります。



▼ニキビが痛い時は、洗顔する時も、洗顔の基本「泡で優しく洗顔する」です。

赤にきびを、洗顔料を使ってゴシゴシ洗ってしまうと、ニキビ跡が残るリスクが増加します。



▼また、洗顔する時のお湯の温度は「ぬるま湯」です。

冬の寒い時でも、熱いお湯で洗顔してしまうと、洗顔後に乾燥しやすくなってしまうし、これまたニキビ跡が残るリスクが高まってしまうと思うからです。



▼「痛い赤にきび」がある時は、このように泡でソフトに、刺激を与えないように洗うわけですが、注意点があります。

それは、「洗顔料をしっかりと洗い流す」ということです。



▼ニキビがあると、どうしても遠慮してしまうので、洗顔料が顔に残りやすくなってしまいます。

優しく洗うのがニキビ対策には重要ですが、洗顔料はしっかりと落とすようにしてください。

あせらず、いつもより時間をかけて、ゆっくりと洗い流していくのがポイントです。



▼「痛い赤にきび」とは言っても、スキンケアの方法は今までと同じです。

なんといっても「睡眠時間をしっかりとる

睡眠が第一です。



▼なぜなら上述の通り、「痛いニキビ」は、つぶして治すことができません。

なので、裏技的に一瞬で消す方法はないと思う。


痛いニキビ(=赤にきび)は、自らの免疫力や自然治癒力で治すしかない。

そして、「赤にきびを治すための自然治癒力」を、最大限に発揮させるためには、

「たっぷりと眠る」

ということが、最も重要だと思うわけです。



▼赤にきびは炎症が進んでいるため、できる限り外側から刺激を与えず、自分自身の免疫力で治すことが望ましい。

そのためには、長めの睡眠が重要になります。


それに加えて、にきび対策用の化粧水で保湿すれば、にきび跡を残さずにスムーズに赤にきびを治すことができると思います。

あまりにも長く治らない場合は、面倒ですが、皮膚科で診てもらうことで、ニキビ跡のリスクを下げることが可能です。



さて、「ヒリヒリ痛い赤にきび対策」で、迷う部分もあります。

それは、

「とにかく保湿すれば治るのか?」という部分です。



▼「大人ニキビや赤ニキビの原因は、肌の乾燥だから、保湿すればOK!」というような記述を、雑誌等でもよく見かけます。

ただ、私はこの考え方には、疑問点もあります。

なぜかというと、

過度に保湿する事で、逆に、ニキビが悪化するケースも多いから」です。



▼これは私の場合ですが、私はオイリー肌なので、化粧水の油分が多いと、

「保湿すればするほど新しいニキビができやすくなる」という、困った事態に陥ることがあります。


確かに、「乾燥」は、毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、ニキビの原因となります。

しかし、「肌タイプ」がオイリー肌の人の場合、必ずしも、保湿することがニキビを改善することにはつながらないと思う。



▼このことは、「ヒリヒリ痛い赤にきび」でも、同じだと思うわけです。

「ヒリヒリ痛いニキビは、保湿して治そう!」という考え方は、正解の時ももちろんありますが、

「乾燥がニキビの原因ではない人の場合、保湿する事で、逆にヒリヒリニキビが長引いてしまうこともあると思う」

わけですね。



▼ということで本日は、ニキビがピリピリ痛む時の対処法について、私の独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「ピリピリ痛いニキビができたら、できるだけ刺激を与えず、触らず、自然に治るまで待つのがベターだと思う」

「そして、自然治癒力を最大にするため、睡眠時間をなるべく長くすることが大切だと思う」



私はこのように考えています。

ご参考まで。

ニキビを治すコスメについて

▼ニキビを治すには、保湿化粧水が必須です。

ニキビを治すために、私が使っている化粧水は、有名どころですが、やはり
【リプロスキン】です。

ニキビ予防と、ニキビ跡の改善に効果大ですね。


▼その他、ニキビ改善に効果の高いコスメのランキングは、こちらで発表しています。
  ↓
ニキビ改善に効果の高いコスメのランキング

サブコンテンツ