過剰な皮脂がニキビの原因~乾燥肌でも脂性肌は吹き出物ができる。ホルモンバランス改善

ニキビの原因は何か?

私の考えで書けば、


「まずニキビの原因は、皮脂(顔の油)が多すぎることだと思う」

それではこの件について、具体的に考察してみましょう。

油



▼ニキビの原因は「過剰な皮脂の分泌」であり、ニキビを治すには、皮脂の分泌量を減らすことが最重要だと思う。

皮脂が過剰に分泌されると、毛穴の内部に皮脂が詰まってしまい、毛穴の中で「皮脂とアクネ菌」が結合して、炎症を起こしてニキビとなるわけです。



▼ですから「過剰な皮脂がニキビの原因」と考えられます。

そう考えると、ニキビを治す・減らすのは、ドラッグストアに売っているニキビ薬ではなく、「皮脂を減らすこと」


皮脂が過剰分泌されている状態では、どんなに薬局でニキビ薬を買ってきて、つけても、新しいニキビが次から次へと、できてしまうわけです。

ニキビ薬で表面上の炎症を抑えたとしても、「体の内部」が皮脂をたくさん分泌する状態になっていれば、新しいニキビができてしまうからです。



▼「皮脂が増えるのはなぜか?」

これについては複数の原因が考えられますが、私の考えで書けば、


【皮脂増加の原因】


・寝不足による交感神経過剰

・ストレスによる交感神経過剰

・食べ過ぎによる糖質の余剰

・暑さ

・怒りや悲しみなどのネガティブな感情



はい。
あくまでも私の経験談と仮説です。

私の場合は、上述したような条件の時に皮脂が増加し、ニキビができやすくなる印象です。



▼さて、「ニキビの原因は、皮脂の過剰分泌」と書くと、「私は乾燥肌なのに、ニキビができてしまいます」というメールをいただくことがあります。

しかし、「乾燥肌」と「皮脂過剰」は、まったく別物です。

乾燥肌だからと言って、皮脂が少ないわけではありません。



▼肌には「水分」と「皮脂」が、両方必要です。

乾燥肌というのは、水分が足りていない肌です。


なので、「乾燥肌で脂性」という人はたくさんいるわけです。

しかもこのタイプの肌が、いちばんニキビができやすいわけですね。



▼逆に、いちばんニキビができにくいのは、「水分が豊富で、皮脂が少ない肌」です。

これは「赤ちゃんの肌」ですね。


赤ちゃんはニキビができません。

それは、「赤ちゃんには、皮脂がないから」です。



ですから、ニキビを治すとか、ニキビを作らないためには、「皮脂を必要最小限に抑える」ことが重要だと思うわけです。

大人の場合は、赤ちゃんと違って、皮脂が全くゼロになってしまうと、外部からの細菌などをブロックすることができないため、問題があります。


だからこそ「必要最小限の皮脂」が、ニキビ予防にはベストなんですね。



▼では、どうすれば皮脂を必要最小限に抑えることができるのか?

私の考えで書きます。医学的な裏付けはありませんが、すべて実際の経験談です。



皮脂を適切な量に調整するために、まず、1番大事なのは、「ホルモンバランス」と「自律神経バランス」だと思う。

つまり、「男性ホルモンを減少させれば、皮脂も減少する」と思うわけです。



▼男性ホルモンのアンドロゲンやテストステロンは、皮脂を増加させる効果があるハズ。

本来、男性は食料を取りに行くための性であり、そのためには皮脂で皮膚の表面をコーティングしておかなければ、外部からの刺激をガードできないからです。



▼最近は、女性の社会進出に伴い、「女性の男性ホルモンが増加している」

ややこしい言い回しですが、男性ホルモンというのは、男性にしか分泌されないわけではありません。ただの名称。


女性であっても、ストレスに常にさらされていたり、寝不足が続いたりすると、男性ホルモンが増加して、皮脂も過剰分泌されます。

その結果、女性が社会進出するほど、ニキビに悩む女性が増えることになる。



私が、当ブログでいつも「ニキビを治すには生活習慣の改善が必要」と書いているのは、生活習慣を改善しなければ、男性ホルモンが減らず、皮脂も減らないからなんですね。


ですから、まずは基本的な「睡眠」や、「ストレス管理」といった事を徹底することによって、男性ホルモンが減少し、皮脂も減少して、ニキビができにくい肌になっていくと思うわけです。



▼さて、皮脂がニキビの原因であり、「男性ホルモン」が皮脂を増加させると仮定するならば、男性ホルモンを減らすように生活習慣を変化させていけばニキビは減っていくハズ。


それと同時に、私がもう一つ意識していることは、

「女性ホルモンのエストロゲンを増やすような生活習慣を取り入れること」です。
(あくまで私の自説です)



▼男性ホルモンは皮脂を増やす可能性がある。

逆に、女性ホルモンのエストロゲンは皮脂を減らすような気がする。

医学書を読んでも、このことに言及した本は見つけられないんですが、私の経験と、私がアドバイスした人のデータを勘案すると、女性ホルモンと皮脂量は、関連性があるように思います。



▼女性ホルモンのエストロゲンが増えればニキビが治るなら、増やしたい。

私が女性ホルモンのエストロゲンを増やすためにやっていることは、


・なるべく長く眠ること

・大豆製品を食べること

・あまりダイエットしないこと(ダイエット= 交感神経刺激と思うから)

・副交感神経を優位にするために、ストレスを紙に書いて受け流すこと

・できるだけ怒らず、穏やかなメンタルを維持すること



はい。

これらが本当に女性ホルモンのエストロゲンを増やすのか、仮説の域を出ませんが、私の場合は上記のようなことを意識すると、皮脂量が減少して、ニキビが減るように感じます。



▼ということで本日は、皮脂とニキビの関連性について、私の独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「ニキビの原因は、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まることである」

「皮脂量が増加する原因は、男性ホルモン過剰と、女性ホルモン不足だと、私の経験では感じる」



私はこのように考えています。

ご参考まで。

ニキビを治すコスメについて

▼ニキビを治すには、保湿化粧水が必須です。

ニキビを治すために、私が使っている化粧水は、有名どころですが、やはり
【リプロスキン】です。

ニキビ予防と、ニキビ跡の改善に効果大ですね。


▼その他、ニキビ改善に効果の高いコスメのランキングは、こちらで発表しています。
  ↓
ニキビ改善に効果の高いコスメのランキング

サブコンテンツ