ニキビができる食べ物とニキビができない食べ物~脂肪分と塩分がニキビの原因。油っこい&しょっぱい

ニキビができる食べ物は?


▼「食べると、ニキビができやすい食べ物はなんですか?」

というご質問をいただいたので、本日は、ニキビができる食べ物について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

カロリー



▼ニキビができやすい食べ物は?

私の経験談で書けば、


「まず、個人的にニキビができやすい食べ物は、白米(の食べ過ぎ)」

「次に、塩分と脂質の過剰摂取が、ニキビにつながる印象」

「ただ、腹八分目を守り、食べ過ぎなければ、何を食べても大丈夫」



私の場合はこんな感じです。

それでは、具体的に考察してみましょう。



▼まず、ニキビというのは「皮脂が出過ぎている」から、できるわけです。

皮脂が毛穴に詰まって、ニキビができる。


皮脂の量は、通常は自律神経の働きによって、最適な量になるように調整されているハズ。

が、しかし。


「寝不足」や「ストレス」や「偏った食事」などの影響によって、「皮脂の過剰分泌」が起こります。

これによって、ニキビができやすくなってしまうと思うわけです。



▼「脂肪分が多すぎる食事」を食べれば、当然、体内に取り込まれる脂肪分の量が多くなるため、それを体外に排出する際に、「皮脂が増加する」わけです。
(あくまで私の認識です)


したがって、

「脂肪分が多い食事= ニキビができやすい食事」

とも言える。


例えば・・・

【ニキビに悪い食品】

牛脂身、豚脂身、ベーコン、ソーセージ

バター、クリーム

カレーライス

ケーキ、チョコレート

マヨネーズ


はい。

この辺は、脂肪分が満載。

まさに、ニキビができやすくなる食品ですね。

(ただし、食べ過ぎなければ問題ないと考える)



▼上述した食べ物は、ニキビにとっては、やはり悪影響な食品となります。

また、上記で列挙した食品以外でも、ニキビができやすくなる食品としては
  ↓

【ニキビにそこそこ悪い食品】

ナッツ

マーガリン、卵、チーズ

ラーメン

いくら、うに、筋子、明太子

パン

牛ロース、豚ロース、手羽先


この辺の食品も、ニキビができやすくなってしまいます。

(ただし、これらも食べ過ぎなければ問題ないと考える)



▼それと、ニキビができやすくなる食品の条件として、「脂肪分」と、もう一つ。

塩分」です。


私は、お酒を飲むということもあって、「味の濃い食べ物」が好きです。

しかし、「塩分の効いた、しょっぱい食べ物」は、かなりニキビができやすくなる印象です。
(体験談)

これはなぜか?



▼塩分を取りすぎると、体内の「水分」が、排出されます。

生野菜を塩につけると、野菜の水分が抜けていくのと同じですね。


体の水分が抜けていくと、肌の水分も抜けてしまいます。

肌が乾燥すれば、毛穴詰まりやすくなり、ニキビができやすくなってしまうと思うわけです。
(あくまで私の認識です)


また、塩分は腎臓を酷使するので、内臓の働きが低下することで、肌荒れにつながるケースも多いです。



▼では逆に、「ニキビができにくい食事」は?

これは例えば・・・
  ↓

【ニキビができにくい食品】

豆腐、納豆

白身魚、小魚

海藻

こんにゃく

きのこ

野菜、もやし



▼はい。なんとなく味気ないですが、これらの食品は、ニキビができない代表的な食品ですね。

私も、お酒のおつまみには、上述したような食品を使うことが多いです。


唐揚げ&塩&マヨネーズなどを、たくさん食べてしまうと、すぐにニキビができてしまうからですね。



▼さて、ニキビができる食べ物として、ここまで色々と書いてきました。

最後に、私がニキビができやすくなってしまう食べ物。ワースト1。


「白米の食べ過ぎ」

です。



私の場合、白米を食べ過ぎてしまうと、ニキビができる確率がかなり上昇してしまいます。
(あくまで私の経験談です)

別のページでも書いていますが、白米というのは炭水化物。

すなわち「糖質」です。



▼糖質というのは、人間の身体を動かすために必要不可欠な栄養素です。

が、その反面、

「糖質は、使われなかった分が体脂肪となる」

わけです。



▼つまり、白いご飯を沢山食べて、それがカロリーとして体内で余った場合。

体脂肪が増える。太る。

それだけでなく、

「皮脂も増えるのではないか?」

と、私は思うわけです。



▼だからこそ、白いご飯を食べ過ぎると、体内に糖質が余ってしまい、脂質として貯蔵される。

その結果として、皮脂も増えてしまう。

そして、ニキビが増加する。

こんな流れなのではないか?



▼糖質といえば、チョコレートなどの甘いものも糖質です。

でも、私の場合は、チョコレートをそんなに大量に食べることはない。

チョコレートはニキビができやすい食品ですが、たくさん食べなければ問題ないです。


でも、「白米」は、うっかりたくさん食べてしまうわけです。

自分が好きなおかずだったりすると、ついついご飯が進んでしまいます。

こうなると、翌日以降のニキビの発生率が、私の場合はかなり上がってしまうわけです。



▼ということで本日は、ニキビができやすい食品と、できにくい食品について書いてみました。

私なりにまとめると、


「ニキビができやすい食べ物は、白米などの炭水化物。塩分と脂質の過剰摂取」

「しかし、食べ過ぎなければ、基本的には何を食べても、直接的なニキビの原因にはならないと思う」



私はこのように考えています。



▼ニキビは食事によってかなり、できやすさが違ってきます。

「糖質」「脂肪分」「塩分」

この3つを過剰摂取しないことによって、ニキビもできにくくなるので、ついつい食べ過ぎてしまう人は、なるべく「腹八分目」を意識してみると、ニキビが減少しやすいかと思います。

ご参考まで。

ニキビを治すコスメについて

▼ニキビを治すには、保湿化粧水が必須です。

ニキビを治すために、私が使っている化粧水は、有名どころですが、やはり
【リプロスキン】です。

ニキビ予防と、ニキビ跡の改善に効果大ですね。


▼その他、ニキビ改善に効果の高いコスメのランキングは、こちらで発表しています。
  ↓
ニキビ改善に効果の高いコスメのランキング

サブコンテンツ