水泳をするとニキビができる?プールの塩素でニキビはできるか。疲労と吹き出物の原因

水泳はニキビが出来るか?

私の考えで書けば、


「水泳自体が原因でニキビができる可能性は低いと思う」

「ただ、水泳で体力が低下して免疫力が下がったり、交感神経が刺激されることで、ニキビができやすくなるというケースはあり得る」



それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼大人になるとプールで水泳は、あまりやらないかもしれませんが、スポーツジムなどに通っている人は、水泳で体を鍛えたりしますね。

水泳は全身運動であり、上半身を中心に体力作りには最適なスポーツと言えます。

肥満気味の人でも、膝に負担をかけずに水中ウォーキングや、水泳によってダイエットや体力作りをすることができます。

水泳



▼さて、そんな水泳ですが、「ニキビ改善」という観点からは、どうなのか?

水泳をするとニキビが治るのか?それとも水泳をするとニキビができるのか?


これは色々な人に聞いてみても、体質によって違う部分はあるのですが、とりあえず私の場合は

「水泳をするとニキビができやすい」ですね。私の場合ですが。



▼原因としては、「疲労」と「塩素」だと思われます。

まず水泳というのは全身運動であり、めちゃくちゃ疲れます。

水泳で泳いだ後は、本当にげっそりしてしまいます。疲れすぎて。



▼これはこれで、体を鍛えるための運動としては良いのですが、「疲労」というのはニキビの原因になってしまうと思うわけです。

人間は体力が消耗してきて疲れると、免疫力が低下します。

疲れていると風邪をひきやすくなるのと同じように、疲れているとニキビができやすくなってしまうわけですね。
(あくまで私の認識です)



▼私の場合はかなり顕著で、水泳で体力的に疲れると、すぐに大きめのニキビができてしまいます。

それだけ水泳というのはハードなスポーツということなのでしょう。

体を鍛えるという点ではいいんですが、ニキビにはあまりよくないかもしれません。
(特に、体力がない人は)



▼ただ、体力に関しては、「運動すればするほど体力がつく」という部分がある。

最初のうちは、少し泳いだだけでも体力を失ってニキビができていた人も、継続して水泳を続けているうちに、体力がついてきて、少し泳いだくらいならニキビができなくなる。


ここまで行ってしまえば、水泳で疲れてニキビができる、という事はなくなるかと思います。



次に、「水泳(運動)による、交感神経刺激」について。

私の持論ですが、

「ハードに運動すると、交感神経が刺激され、皮脂が増加して、ニキビができやすくなる気がする」



▼人間の自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」の2つが存在している。

私の認識で言えば、


交感神経⇒ ニキビができやすい

副交感神経⇒ ニキビができにくい



という認識です。
(あくまで私の意見です)



▼で、ハードな運動は、交感神経を刺激するため、ニキビができやすい自律神経のバランスになると思うわけです。

なので、自律神経という点で言えば、ハードに運動するより、ゆったりと休んでいた方が、ニキビはできにくいと思います。


これは水泳に限った話ではないんですが、あまりハードに運動すると、自律神経のバランスが崩れて、ニキビができやすくなるという可能性はあると思います。



次に、「プールの塩素(カルキ)」について。

プールの水には「塩素」が含まれています。

プールには不特定多数の人が集まるため、プールの水の中にばい菌が繁殖しないように、塩素を入れるわけですね。


この塩素は、水道水などにも含まれていますが、プールの水の塩素の濃度はかなり濃いので、「疲労」と「塩素」が合わさって、私の場合はニキビができてしまうのかもしれません。



なので、とりあえず水泳が終わった後は、顔についた塩素をしっかりと洗い流すのが良いと思います。

ここで、「洗顔フォーム」を使うかどうかが難しい所です。

洗顔フォームをあまり濫用すると、逆に皮脂が増えて、ニキビができやすくなるからです。


私の場合は、水泳の後は、洗顔フォームは使わず、シャワーで流すだけにしています。



さて、その一方で「水泳をするとニキビができなくなった」と言う人もいます。

このようなタイプは、「脂性」つまり、皮脂が多い人に見られ、プールの水に長時間つかることによって、顔の皮脂が減少するためだと思われます。



▼顔が皮脂で脂ぎっていると、毛穴に皮脂がつまりやすくなってしまい、当然ニキビができやすくなってしまいます。

でも、プールで泳ぐという事は、常に顔が水につかっているということですから、脂性の人でも顔の皮脂が減少するわけです。



▼また、プールの「塩素」によって、逆に毛穴が消毒されて、ニキビができにくくなる体質の人もいます。

この辺は、本当に人それぞれの体質によって変わってくるところなんですね。


私の場合は、水泳をするとニキビができやすくなりますが、逆に、水泳をするとニキビができにくくなる、という人もいるわけです。



▼ということで本日は、水泳をするとニキビができるか?について、私の独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「体力がない人や、肌が弱い人は、水泳をすることによってニキビができやすくなると思う」

「しかし、皮脂量が多い人は、水泳によってニキビができにくくなるタイプの人もいる」



私はこのように考えています。



▼ニキビに悩んでいる人は、もしかすると水泳をすることで、ニキビができにくくなる可能性もあります。

なので、スポーツジムなどに行く余力のある人は、試してみると良いかと思います。

ご参考まで。

ニキビを治すコスメについて

▼ニキビを治すには、保湿化粧水が必須です。

ニキビを治すために、私が使っている化粧水は、有名どころですが、やはり
【リプロスキン】です。

ニキビ予防と、ニキビ跡の改善に効果大ですね。


▼その他、ニキビ改善に効果の高いコスメのランキングは、こちらで発表しています。
  ↓
ニキビ改善に効果の高いコスメのランキング

サブコンテンツ