ニキビを予防するには?ニキビができない方法。睡眠時間が短い。寝不足。男女共通

ニキビを予防するには?


▼「ニキビを予防するには、どうすればいいでしょうか?」

というご質問が非常に多いので、本日は、ニキビを予防する方法について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

予防



▼ニキビができないようにするには?

私の経験談で書けば、


「にきび予防の土台は、皮脂の過剰分泌を防ぐことだと思う」

「皮脂量を最適にバランスさせるためには、自律神経とホルモンバランスがポイントになると考える」



では具体的に考察してみます。



▼にきび予防の方法と一口に言っても、様々なアプローチがあります。

その中で、私の経験上で、にきび予防に最も効果があると感じるのは、


「自律神経を副交感神経優位にすること」

「ホルモンバランスは、女性ホルモンのエストロゲンを増やすこと」



この2つが、ニキビの改善に強く影響するように感じています。

私の考えでは、この2つは、「皮脂量」を最適な範囲に調整するために、重要だと思うからです。
(あくまで私の認識です)



▼私は、当ブログで、

「ニキビを防ぐためには、睡眠時間を長くした方が良い」とか、

「ニキビを予防するためには、イライラしない方が良い」とか、

「ニキビを改善するには、肉食より菜食の方が良い」など、

様々なアプローチで、記事を書いてきました。



これらは、俯瞰して見てみると、すべて「自律神経を整える」ためであり、「女性ホルモンのエストロゲンを減らさない」ためでもあるわけです。
(あくまで私の考え方です)



▼上述したようなルールを守らないと、私の場合はすぐにニキビができてしまう。

それは、寝不足したり、イライラしたり、お肉をたくさん食べたりすると、交感神経が優位になって、女性ホルモンのエストロゲンが減少するからだと考えています。



▼私の言葉で書くと、

「ニキビというのは、皮脂が毛穴に詰まって炎症している状態だから、皮脂が詰まらないようにしてあげれば、ニキビを予防することが可能だと思う」

わけです。



▼例えば、寝不足

睡眠不足になると、自律神経が活動モードに偏ってしまい、皮脂が増加すると考えられます。

その結果、皮脂が毛穴につまる。そしてニキビになる。



▼ニキビ関係の海外の文献を読んでいると、

「ニキビがある人は睡眠時間が短い」

というデータがある模様。


これは私も経験からわかることで、私自身も、寝不足になると当たり前のようにニキビが発生します。



なぜ睡眠時間が短いとニキビができるのか?

これにはさまざまな理由がありますが、上述した内容も含めて、主な理由を挙げてみると、


・寝不足により、交感神経が優位になって皮脂が増加するから

・寝不足により、女性ホルモンのエストロゲンが減少するから

・寝不足により、肌の新陳代謝と免疫力が低下するから

・寝不足により、成長ホルモンの分泌量が減るから


(あくまで私の意見です)



▼このような理由により、睡眠時間が短くなればなるほど、ニキビができやすくなると考えられます。

では睡眠は、何時間とればニキビができないのか?



▼睡眠の必要量には個人差がありますが、ニキビを作らないために必要な睡眠時間は、

「7時間以上」

と、私は考えています。
(ショートスリーパーの人は除く)



▼現代人は忙しく、7時間以上の睡眠がとれている人は少ない。

そのことが「ニキビに悩む人」を増やしている印象です。


時間がない時、一番、手っ取り早く時間を捻出する方法が、「睡眠時間を削る」ことです。

しかし睡眠時間を削るというやり方は、最も安易で危険な方法だと、私は考えています。



▼「ショートスリーパー」という言葉が一般的になっているように、現代人は睡眠時間がどんどん短くなっています。

タレントの明石家さんまさんなども、ショートスリーパーという話ですが、さんまさんは睡眠薬でなるべく眠るようにしていると、コメントしていました。


私もこれには同感で、睡眠薬を使ってでも長く眠る事は、「ニキビ改善」に、非常に効果があると思う。



▼私も昔、ニキビに悩んでいた頃は、睡眠時間が、5時間から6時間くらいでした。

人間には「適応能力」があるため、多少寝不足でも、その生活が長く続けば、それが普通になっていきます。


しかし、いくら適応能力があっても、「必要な睡眠時間」は、やはりどうしても必要なわけです。



▼ですからニキビを予防するには、

「7時間以上眠る」

という事が、まずは土台になると思う。



ニキビを予防する方法として、睡眠以外では、


・大食いしない

・肉食に偏らせない

・炭水化物を少し減らす

・怒らない。ストレスを受け流す

・洗顔フォームを1日に何回も使わない



などが考えられます。

これらは、私が今でも実際に意識していることです。



▼尚、化粧品を工夫してニキビを抑制することも可能ですが、「生活習慣」が土台になるため、生活習慣が乱れていると、自分に合った化粧品を使っていても、その効果が出にくい。

だからこそ、「自律神経を整える」「女性ホルモンのエストロゲンを減らさない」ということが、ニキビ予防には重要だと思うわけです。



▼ということで本日は、ニキビを予防する方法について、私の独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「ニキビを予防するには、副交感神経優位と、女性ホルモンのエストロゲンの増加がポイントになると思う」

「ざっくり言えば、できるだけのんびり過ごすこと。心が穏やかなら、自律神経が整い、エストロゲンが増えるので、ニキビができにくくなると思う」

「具体的には、睡眠時間を長くする・菜食・腹八分目・イライラしない、ということが大切だと思う」



私はこのように考えています。

ご参考まで。

ニキビを治すコスメについて

▼ニキビを治すには、保湿化粧水が必須です。

ニキビを治すために、私が使っている化粧水は、有名どころですが、やはり
【リプロスキン】です。

ニキビ予防と、ニキビ跡の改善に効果大ですね。


▼その他、ニキビ改善に効果の高いコスメのランキングは、こちらで発表しています。
  ↓
ニキビ改善に効果の高いコスメのランキング

サブコンテンツ