ニキビは遺伝?親のニキビは遺伝する?体質と生活習慣。生まれつきニキビができやすい体質?

ニキビは遺伝する?


▼「うちの親も私も、ニキビができやすい体質なんですが、ニキビは遺伝するんですか?」

というご質問をいただいたので、本日はニキビと遺伝について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

DNA



▼ニキビは遺伝か?

私の経験談で書けば、


「ニキビそのものは遺伝しないハズ。親から子に受け継がれるものは、『肌質と生活習慣』であり、この2つが遺伝に見えてしまっているだけだと思う」

では具体的に考察します。



▼まず、にきびの遺伝性については、科学的には証明されていないハズ。

私は、数え切れないほどのニキビ関連の文献を読んでいますが、明確に、遺伝が証明されている本は見たことがないです。
(あくまで私の認識です)


科学的には、ニキビは遺伝しないと言われていますが、実際のところ、親がニキビができやすいと、子供もニキビができやすくなるのは確かにそうだと思う。

これはなぜか?



▼私の認識では、ニキビができやすい人というのは、皮脂線が大きいとか、皮脂分泌の活動性が活発である、といった特徴があります。

要するに、「ニキビができやすい人というのは、皮脂量が多い人」ということ。


このような身体的な特徴は、親から子への遺伝という形で、受け継がれるケースも多いわけです。

ですから、親が皮脂線が大きかったり、皮脂の分泌量が多かったりすると、そのような特性は、子供に受け継がれて、子供もニキビができやすくなるケースが多いのかもしれない。



▼同じような事例として、「ハゲは遺伝か?」というものがあります。

一般的に、親が禿げていると、子供も禿げると思われていますが、私はちょっと懐疑的です。


私個人の印象としては、「ハゲは遺伝ではない」と考えています。

親から子供に伝達されるのは、「体質と生活習慣」だけ。ハゲ自体は遺伝しないと思う。

薄毛もニキビも、根本的には同じだと思うわけです。


そして、薄毛よりニキビの方が、自力で改善できる確率が、はるかに高いと思う。

なので、「ニキビ体質は遺伝だ!」とか、諦めてしまわずに、できることから1つずつやっていくと良いかと思います。

ニキビ改善の努力は、確実に報われます。
(経験談)



▼さて、上述ような身体的遺伝の他に、もう一つ親から受け継がれるものがあります。

それは、

「生活習慣の伝達」

です。



どういうことかというと、親の生活習慣は、「良くも悪くも」高い確率で子供に受け継がれるということです。
(あくまで私の認識です)

例えば、睡眠時間を何時間とるか?とか、夜食を食べるか?とか、毎日洗顔するか?といった生活習慣ですね。


このような生活習慣は、子供の頃から親を見ているわけですから、知らず知らずのうちに脳に刷り込まれます。

そして、生活習慣というのは、身体的遺伝よりも、はるかにニキビに影響を及ぼすと思うわけです。



▼簡単に言えば、親が「ニキビができやすい生活習慣」を身につけていた場合、子供もそれを無意識に真似してしまって、子供もまた、ニキビができやすくなると思う。


特に、親の睡眠時間が短かった場合は、子供もなぜか睡眠時間が短くなる傾向にあります。

当ブログでも何度も書いていますが、睡眠時間が短い人は、皮脂量が増えてニキビができる確率が上がってしまうと思うわけです。



▼でも、親がニキビができやすい体質で、自分も似ているからといって、諦める必要は全くない。

なぜなら、「身体的遺伝より、生活習慣の方がはるかに重要」と、私は思うからです。


身体的な遺伝はどうすることもできませんが、生活習慣は今すぐにでも変えることができます。

寝不足しがちな人が、意識的に睡眠時間を長くすることは、今すぐできるわけです。

そして、そのような生活習慣の改善は、ニキビの改善にも大きな効果があると思うんですね。



▼ちなみに私自身も、体質的には明らかにニキビができやすいです。

皮脂量も多いし、ちょっと油断すると、すぐに毛穴が炎症してニキビになってしまう。


だから、昔はかなりニキビに悩まされたし、いつも憂鬱な気分でした。



▼でも今は、ほとんどニキビはできなくなっています。

私がやった事は、「生活習慣の改善」と「最初だけ、ニキビ改善用のコスメを使った」だけです。


私が改善した生活習慣は、具体的に言えば、

「睡眠時間を長くする」「食事を腹八分目にする」「白米の量を少し減らす」「ストレスを紙に書いて受け流す」

などなど、基本的なことばかりです。



▼このような生活習慣の改善方法は、みんな知っていると思う。

でも、できている人は少ない印象です。

生活習慣を改善するのは、とても難しいです。

今までの習慣を変えるためには、すごいパワーがいるからです。だからすごく面倒。



▼でも、ニキビに悩んでいる人は、遺伝が原因なのではなく、

「今まで積み重ねてきた悪しき生活習慣が、自分のニキビを生み出している。遺伝ではない」

だから、生活習慣を変えないと、ニキビは治らない。


逆に言えば、

「生活習慣さえ改善できれば、ニキビも改善される」と、私は考えるわけです。



▼ということで本日は、ニキビと遺伝について書いてみました。

私なりにまとめると、


「ニキビは遺伝ではない。親からニキビができやすい体質や、生活習慣を受け継ぐ事はあっても、いくらでも改善可能だと思う」

「私自身も、ニキビができやすい体質だが、時間をかけて正しい生活習慣にすることで、今はニキビができなくなったので、やっぱり日々の行動が重要」



私はこのように考えています。



▼親から引き継がれる身体的な特徴と、生活のクセ。

この2つの要素によって、親がニキビができやすいと、子供もニキビができやすくなるのかなと。


このことを理解していれば、親が続けている悪しき生活習慣を、自分は改善すればいいだけ。

ニキビを治すには、まずは「生活習慣という土台」を、しっかりと作り上げることが第一歩となると、私は考えています。

ご参考まで。

ニキビを治すコスメについて

▼ニキビを治すには、保湿化粧水が必須です。

ニキビを治すために、私が使っている化粧水は、有名どころですが、やはり
【リプロスキン】です。

ニキビ予防と、ニキビ跡の改善に効果大ですね。


▼その他、ニキビ改善に効果の高いコスメのランキングは、こちらで発表しています。
  ↓
ニキビ改善に効果の高いコスメのランキング

サブコンテンツ