なぜストレスでニキビができる?疲れるとニキビができる。ニキビが治らない時。運動しすぎ

ストレスと吹き出物の関係


▼「ストレスでニキビができると聞きますが、どんな繋がりがあるんですか?」

というご質問をいただいたので、本日は、ストレスとニキビの関係について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

ストレス



▼なぜストレスでニキビができるのか?

私の経験談で書けば、


「ストレスでニキビができるのは、ストレスによって自律神経が交感神経優位になり、交感神経の作用で皮脂量が増加するからだと思う」

では具体的に考察してみます。



▼「ストレスとニキビ」

一見すると、何のつながりがあるのかわかりませんが、なぜこの2つがつながるのか?


これを理解するために、まず前提条件として

「ニキビは、皮脂が増えるとできる」


まずはここがスタートライン。

そして、

「ストレスが増えると、皮脂も増える」と、私は考えています。



▼つまりは、

「ストレス増加⇒ 交感神経刺激⇒ 皮脂増加⇒ ニキビ増加」

という流れなのではないか?


ではなぜストレスが増えると皮脂が増えるのか?



▼人間は、ストレスが増えると「交感神経優位」の状態になります。

交感神経というのは、副交感神経の反対で、いわゆる「精神的な戦闘状態」と、私は認識しています。


人間はストレスを感じると、交感神経優位な状態になり、ストレスと戦う体勢になります。

そして、この交感神経優位の状態は、「皮脂が増加する」と思うわけです。



▼自律神経が交感神経優位になると、体が活動モードになる。

活動するためには、外部刺激からの肌の防御力を高めなければならない。


現代人はピンとこないかもしれませんが、原始人をイメージしてみるとわかりやすいかと思います。
(あくまで私の見解です)



▼人間が狩りに行く時は、険しい森の中に入って行かなければならないこともあったハズ。

そんな時は、皮脂量を増やして、肌に襲いかかる紫外線や、虫などの刺激をブロックする必要があったのではないか?



▼文明は進化しましたが、自律神経などの基本的な人間の体の構造は、原始時代からあまり変わっていないと、私は考えます。

原始時代のストレスは、巨大な野獣と戦う事だったと思うけど、現代人のストレスは、精神的なストレスが多い。


どちらのストレスも、戦うために交感神経を刺激して、戦闘モードに切り替える必要がある。

だから現代人は、精神的なストレスがかかったときに、皮脂量が増加して、ニキビができやすくなるのではないかと思うわけです。私の見解ですが。



ストレスには、「肉体的ストレス」と「精神的ストレス」があります。

私の見解では、どちらのストレスも皮脂量が増加し、ニキビの原因になると思われる。



私の場合は特に、「肉体的ストレス」が体にかかると、すごくニキビができやすくなってしまいます。

肉体的ストレスというのは、簡単に言えば、「体の疲れ」ということです。

ハードな運動や仕事などで体が疲れると、私の場合はすぐにニキビができてしまいます。



▼また、人間関係がうまくいかない時など、精神的なストレスがかかっても、やはりニキビができてしまいます。

適度なストレスは、体と心をシャキっとさせてくれるんですが、強すぎるストレスや長すぎるストレスは、交感神経が優位になりすぎるため、皮脂が増えすぎて、ニキビが発生してしまう気がする。



▼なので、どうしてもニキビがたくさんできてしまう人は、

「なるべく体を疲れさせない」

「なるべく精神的なストレスを受け流す」


ということが重要だと思うわけです。



▼ニキビができやすい人というのは、生真面目な人が多い。

上述したように、「精神的なストレスから逃げる」という事は、ニキビの改善に効果的です。


しかし、生真面目な人は、「逃げる」という事ができず、ついつい人間関係でも頑張りすぎてしまったり、仕事を頑張りすぎて体が疲れてしまったりして、ストレスをまともに受け止めてしまう。

その結果、ニキビがたくさんできてしまったりするわけですね。
(私もそうです)



尚、「ストレスによるニキビ」は、口周りにできることが多い。

これは、ストレスが交感神経を刺激して、その結果、男性ホルモンのテストステロンが増加するからだと、私は認識しています。


交感神経と男性ホルモンの関係性は、まだ医学的に立証されていないと思いますが、私の経験では、関連性があると感じます。



▼ということで本日は、ストレスとニキビの関係について書いてみました。

私なりにまとめると、


「ストレスはニキビを作る。なぜなら、ストレスが交感神経を刺激して、皮脂量が増加しやすくなるから」

私はこのように考えています。



▼上述の通り、ストレスでニキビができる原因は、

・体の疲れ

・心の疲れ


この2つのストレス原因によって、交感神経が優位になり、男性ホルモンが増加して、皮脂が過剰分泌されるからだと思う。



▼ですから、ニキビの原因がストレスであると考えられる人は、まずは長く眠って体の疲れをとること。

そして、人間関係などの精神的なストレスから、なるべく逃げる、もしくは紙に書くなどして、ストレスを受け流すのが良いかと思います。
(私は、精神的なストレスは紙に書いてまとめると、かなり改善されます)


精神的なストレスは、立ち向かうと逆に悪化してしまうこともあるので、さらにニキビが増えてしまうと思う。

なので、精神的なストレスに関しては、歯を食い縛って受け止めるより、受け流すことが重要だと思います。

ご参考まで。

ニキビを治すコスメについて

▼ニキビを治すには、保湿化粧水が必須です。

ニキビを治すために、私が使っている化粧水は、有名どころですが、やはり
【リプロスキン】です。

ニキビ予防と、ニキビ跡の改善に効果大ですね。


▼その他、ニキビ改善に効果の高いコスメのランキングは、こちらで発表しています。
  ↓
ニキビ改善に効果の高いコスメのランキング

サブコンテンツ