太るとニキビができやすくなる?痩せるとニキビができる?肥満と吹き出物。体重増加とニキビ

太るとニキビができやすくなる?


▼「太ることとニキビができる事は、関係がありますか?」

というご質問をいただいたので、本日は、肥満とニキビについて、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

皮下脂肪



▼太るとニキビができやすいか?

私の経験談で書けば、


「太っても、ニキビができやすくなるわけではないと思う。肥満とニキビに相関関係はないハズ」

「ただ、炭水化物(糖質)を過剰摂取すると、肥満とは関係なく、ニキビができやすくなる気がする」



では具体的に考察してみます。



▼肥満とニキビの関係は、本屋さんで参考文献を探しても、明確な答えを記した本がありません。

なので、私の経験と知識を融合して、太ることとニキビの関係について言及してみたいと思います。



まず、太っている人の方が、痩せている人よりもニキビができやすいという事は「ない」と思います。
(あくまで私の見解です)

それよりも、「今までよりも太った」という時に、ニキビができやすくなると考えられます。



▼これは、今までよりも太るという事は、「今までよりも糖質や脂質を多く摂取している」ケースが多いからです。

今までよりも摂取カロリーが多くなるから、太る。

今までよりも炭水化物の摂取量が多くなるから、太る。



カロリーと炭水化物の摂取量が増えれば、分泌される皮脂量も増加してしまうことが多いので、今までよりもニキビができやすくなってしまうのではないか?



▼「太る・痩せる」というのは、食べた量だけで決まるのではなく、「基礎代謝」「吸収率」に大きく左右されます。

なので、単純に太っている人がニキビができやすいとか、痩せているから肌が綺麗という事はない、と思うわけです。



▼それは「太りやすさ・痩せやすさ」があるからです。

ちょっと表現が分かりにくくなっていますが、基礎代謝が低くて太ってしまう人は、少し食べても太るので、太っていてもニキビはできにくいと思うわけです。


逆に、基礎代謝が高いのに太ってしまう人は、明らかに食べ過ぎ。

この場合は、太るにつれて、ニキビができやすくなると思う。



▼要するに、太っているか痩せているかがニキビと直結するのではなく、

「自分の基礎代謝と比較して、ベストの体型になっているか?」

が、ニキビ対策のポイントになると思うわけです。



▼理想を言えば、

「基礎代謝を高めて太りにくい体質にしつつ、ニキビも防いでいく」

これが理想ですが、基礎代謝はなかなか簡単には上がらないので、現在、基礎代謝が低くて太りやすい人は、多少ふっくらしていても大丈夫です。



▼重要な事は、上述したように現在の自分のベスト体重を維持すること。

特に、「炭水化物を食べ過ぎないこと」が、ニキビ改善には重要だと、私は考えます。


炭水化物というのは、白米やパンなどの主食ですね。

主食系を食べ過ぎると、どうしてもニキビができやすくなってしまうし、太りやすくなってしまうと思うからです。



▼それから、肥満とニキビの関係を説明する上で、私が重要だと思うことが、

太るという事は、ストレスがかかっているケースが多い」という部分です。


急に太る場合、何かしらの原因があると思うわけです。



▼私の場合も、一時的に太ったことがありました。

それは、「精神的なストレスがかかったから」だと思う。


人間は、強いストレスや、慢性的なストレスがかかったときに、自律神経が乱れる。交感神経が刺激される。

この自律神経の乱れを整えるために、「食べる」という行為を必要とするわけです。

(あくまで私の見解です)



▼私の場合、食べるとリラックスできる。

これは私だけでなく、ほぼ、すべて人間はそのようにできていると思います。


つまり、

「強いストレスがかかって交感神経が働きすぎている場合、人体はそれを調整しようとして、食べてストレス解消しようとする」のかなと。



▼この状態の場合、ストレスが肥満を招いている。

そして、ストレスがかかった状態なので、交感神経が刺激されている。

という事は、「ストレスにより、皮脂量が増加している」と、考えられるわけです。



つまり、太ることが悪いのではなく、

「ストレスがかかっていることが、ニキビの原因になる」と思うわけです。



もちろん、炭水化物や脂質の食べ過ぎによる皮脂増加もニキビの原因ですが、ストレスは食物よりも、さらにニキビを発生させると、私は考えます。



▼ということで本日は、肥満とニキビの関係について書いてみました。

私なりにまとめると、


「太っている人が、ニキビができやすいわけではないと思う。体脂肪率とニキビの発生確率に、相関関係はないハズ」

「ただ、ストレスによって食べ過ぎてしまっている場合、交感神経刺激と食べ過ぎのダブルパンチにより、ニキビが増えやすくなる可能性は高くなると思う」



私はこのように考えています。



▼太るとニキビができやすくなるようなイメージがありますが、炭水化物を過剰に摂取しない限りは、少しくらいふっくらしても、ニキビができまくるという事はないと思う。


もし、太ったタイミングでニキビが増えたなら、

「ストレスがかかりすぎ」

「炭水化物(糖質)の取りすぎ」


に、なっていないかを確認してみてください。

ご参考まで。

ニキビを治すコスメについて

▼ニキビを治すには、保湿化粧水が必須です。

ニキビを治すために、私が使っている化粧水は、有名どころですが、やはり
【リプロスキン】です。

ニキビ予防と、ニキビ跡の改善に効果大ですね。


▼その他、ニキビ改善に効果の高いコスメのランキングは、こちらで発表しています。
  ↓
ニキビ改善に効果の高いコスメのランキング

サブコンテンツ