ニキビができやすい人の条件。なぜニキビができるのか?吹き出物ができる理由と原因

ニキビができやすい人の条件


▼「私はすぐにニキビができてしまいます。ニキビができやすいタイプというのは、いるのですか?」

というご質問をいただいたので、本日は、ニキビができやすい人の条件について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

考える



▼ニキビができやすいのは、どんなタイプか?

私の経験談で書けば、


「ニキビができやすい人の特徴として、睡眠・食事・洗顔方法・ストレスケア、このどれかが間違っているケースが多い気がする」

では具体的に考察してみます。



▼ニキビができやすい人というのは、確かにいると思う。

ここでは、改善可能な範囲の話をしますので、「生まれつき」とか「体質」については触れません。


「生まれつきの体質」を考えてしまうと、ニキビ改善のモチベーションが下がるし、精神的なストレスにもなるからです。

あくまでも、自分自身に改善可能な範囲で努力していくことが重要だと思います。


尚、私の考えでは、「生まれつきの肌質」より「生活習慣」の方が、はるかにニキビに影響を与えると思います。



▼では、それを踏まえた上で、ニキビができやすい人の条件は何か?

私の個人的な意見と、自分自身の経験をミックスして書いていきます。



私が思う、ニキビができやすい人の特徴は、


・睡眠時間が短い人

・食事の量が多い人(特に、炭水化物が多い人)

・ストレスを受け流すのが下手な人

・体力がない人

・洗顔フォームを使い過ぎな人

・自分の肌質と、化粧水のタイプが合っていない人



はい。

このようなタイプは、ニキビができやすいと、私は考えています。



▼まず、いつも書いている通り、

睡眠時間が足りていない人

このタイプは、かなりニキビができやすくなると思う。


ニキビというのは皮脂が毛穴に詰まって、炎症することによって発現します。

そして、皮脂は睡眠時間が足りないと量が増えると思うわけです(交感神経の働きと思われる)



▼寝不足の時は、顔が脂ぎりやすい。

これは寝不足によって交感神経が刺激され、男性ホルモンが増加して、皮脂が増えるからだと思われます。
(あくまで私の見解です)

ですから私は、ニキビを改善するためには、まず第一に、睡眠時間をなるべく長くすることが重要だと考えます。


寝不足の状態で、どんなに効果的なニキビ対策を行っても、その効果は限定的となります。



▼尚、私の場合は、平均睡眠時間は「7~8時間」を目標にしています。

私も仕事をしているので、8時間寝るのはかなり難しいです。

でも私は、仕事が忙しい時に睡眠時間を5時間くらいにしてしまうと、かなりニキビが増えてしまうので、趣味や遊びは控えめにして、7~8時間、眠るように「頑張っています」


私の経験では、睡眠時間をがんばって長くするだけでも、ニキビが改善されていく印象です。

また、ニキビ改善用の化粧水などを使う場合でも、睡眠がしっかり確保できていると、そのコスメの効果も出やすいと思います。



▼次に、ニキビができやすい人の特徴として、「食べ過ぎ」が挙げられます。

これは、お肉を食べるとか野菜を食べるといった話ではなく、どんなヘルシーな食事であっても、食べすぎればニキビができやすくなる印象。


特に、私がヤバイと思うのが、白いご飯を始めとする、炭水化物の食べ過ぎです。

炭水化物とニキビの関係については、別の記事でも解説していますので参考にしてみてください。



▼ニキビを改善するには、上述したように、まず

「睡眠時間をなるべく長くして、少食にすること」

私は特に、この2つを意識しています。



▼この土台の上に、ニキビ改善に効果的な化粧品や、食事のクオリティといった要素を乗せていくと、さらにニキビができにくい肌になっていきます。

多くの人が、ニキビ改善になかなか成功しないのは、睡眠と少食という土台がしっかりしていないことも一因となっている印象です。



▼また、「体力がない人」は、疲れやすいので、肉体的なストレスによって、交感神経が刺激され、ニキビが増えやすくなる気がする。
(経験談)

同じような活動量でも、体力がある人は疲れない。だから自律神経もバランスを崩さず、皮脂量も増えない。

しかし、体力がない人は疲れてしまう。その結果、自律神経が交感神経優位に傾いてしまい、皮脂量が増加してニキビも増えてしまうと思うわけです。



▼ちなみに、私自身も体力がないタイプです。

なので、人並みに活動しただけで、人よりも疲れてしまう。

その結果、免疫力が下がり、また、ストレスが皮脂量の増加につながり、ニキビができやすくなってしまいます。


同じように、精神的なストレスを溜め込む人も、男性ホルモンが増加してニキビができやすくなる印象です。



▼それから、「洗顔フォームの使い過ぎ」も、ニキビができやすい人の特徴です。

潔癖症に多い傾向ですが、1日に2回以上、洗顔フォームで顔を洗う人は、ニキビができやすいと思う。


なぜなら、洗顔フォームを使いすぎると、「必要な皮脂」が洗い流されてしまうからです。

皮脂はニキビの原因ですが、同時に、皮脂は必要な分泌物でもあるので、すべて洗い流してしまうと困るわけです。


だから、皮脂が足りなくなると、新しい皮脂が分泌されてしまう。

その結果、皮脂量が過剰になり、ニキビができやすくなると思うわけです。



▼ということで本日は、ニキビができやすい人の条件について書いてみました。

私なりにまとめると、


「ニキビができやすい人の特徴は、寝不足・食べ過ぎ・ストレスを溜めすぎ・洗顔しすぎ、このあたりに要因があると思われる」

「生まれつき皮脂量が多い人もいるが、上述したような生活習慣の方が、はるかにニキビ発生に影響を与えると思う」



私はこのように考えています。


今日、解説したような、土台となる基本項目を守った上で、コスメなどを工夫していくと、今までよりもニキビ改善の効果は高くなると私は考えています。

ご参考まで。

ニキビを治すコスメについて

▼ニキビを治すには、保湿化粧水が必須です。

ニキビを治すために、私が使っている化粧水は、有名どころですが、やはり
【リプロスキン】です。

ニキビ予防と、ニキビ跡の改善に効果大ですね。


▼その他、ニキビ改善に効果の高いコスメのランキングは、こちらで発表しています。
  ↓
ニキビ改善に効果の高いコスメのランキング

サブコンテンツ