鼻のてっぺんにニキビができる原因とニキビ跡の治し方~鼻の頭ニキビは痛い・赤みがある・治らない

鼻のてっぺんにニキビができるのはナゼ?


▼「鼻のてっぺんに、すぐにニキビができてしまいます。なぜですか?」

というご質問をいただいたので、本日は、鼻のてっぺんのニキビについて、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

鼻



▼鼻のてっぺんにニキビができる原因は?

私の経験談で書けば、


「鼻ニキビも、他のニキビと本質は同じだが、鼻は特に皮脂量が多く、汚れも付きやすいので、ニキビができやすい場所になってしまうのだと思われる」

「鼻ニキビを改善するには、睡眠時間を増やすなどの基本的な生活習慣の改善の他に、鼻を触らないなど、日頃の癖を改善する必要があると思う」



では具体的に考察してみます。



▼実は私も、鼻のてっぺんはニキビができやすいです。

鼻のニキビは痛いし、格好悪いし、ニキビ跡にもなりやすいし、最悪です。


私の鼻ニキビは、10代の若い頃からで、大人になっても油断すると、鼻のてっぺんにニキビができてしまいます。

ではなぜ、鼻のてっぺんにニキビができやすいのか?



「鼻の頭」にできるニキビの原因を、私の経験から書き出してみます。


1 鼻は、とにかく皮脂が多い場所である

2 無意識に手で触りやすい場所である

3 毛穴の数も多い場所である

4 紫外線が強く当たりやすい場所である

5 お化粧が厚くなりやすい場所である



と、だいたいこんな感じでしょうか。

では、1つずつ見ていきます。



まず、鼻のてっぺんはなんと言っても、「皮脂の分泌量が多い!」

ハナ油、ですね。

あぶらとり紙が最も活躍する場所は、鼻でしょう。


というくらい、鼻には皮脂が大量に分泌されるため、必然的にニキビができやすい場所になってしまいます。



▼そもそも、ニキビというのは、赤ニキビであろうと白ニキビであろうと、「皮脂が詰まる」ことが原因です。

なので、皮脂量が多いというのは、それだけでニキビができやすくなってしまう。


私は当ブログで、ニキビを治すには睡眠時間を長くしましょうとか、腹八分目にしましょうとか、ストレスケアをしっかりしましょう、といつも書いています。

なぜならこれらは、皮脂量を増加させてしまう要因だと、私は考えるからです。



▼寝不足の日は、顔の皮脂が多い気がする。

しっかり眠った日は、顔のべたつきが少ない気がする。

そして、寝不足などで顔の皮脂が多い日は、やっぱりニキビもできやすいと思うわけです。



▼そう考えると、「鼻」というのは、最初からデフォルトで皮脂量が多い場所である。

という事は、鼻はやっぱり、一番ニキビができやすい場所とも言えるわけです。



また、鼻には毛穴の数も多いため、「皮脂が多くて、毛穴も多い」ということになる。

毛穴が多いので、「詰まる毛穴」も多くなる。

すなわち、鼻はニキビができる確率も高い、ということになります。



それから、私もついつい鼻を触ってしまう癖があるんですが、鼻は「手で触りやすいから菌がつく」

皮脂の多い部分を手で触ると、毛穴に雑菌が繁殖しやすくなり、ニキビができやすくなってしまいます。

特に、手が汚れている時は、できるだけ鼻を触らないことが重要になります。



それから、鼻は顔の中でも1番高い部分にあるため、「太陽の紫外線が当たりやすい」

太陽の光が直撃すると、汗をかきやすくなる分、皮脂も増えやすくなり、ニキビができやすくなります。

また、紫外線が当たると、肌のターンオーバーがスムーズに行かなくなり、肌荒れの原因になる。



▼こればかりは、顔の構造上の問題なので、どうしようもないんですが、太陽の日差しが強いときは、なるべく日傘を使うなど、紫外線を鼻に直撃させないことが重要です。

私のイメージでは、鼻の大きい人や、鼻が高い人は、鼻ニキビができやすい印象なので、特に注意です。



あと、女性であれば、お化粧をするときに、鼻は化粧が厚くなりがちです。

厚化粧は、皮膚呼吸を妨げ、毛穴の炎症を招くため、やはりニキビができやすく、肌荒れしやすくなります。

特に、油分の多い化粧品を、オイリー肌の人が使うと、鼻ニキビができやすい気がします。
(経験談)



そして鼻ニキビの最も危険な部分。「ニキビ跡になりやすい(これも経験談)」

鼻のニキビは目立つので、ついつい手で触りまくってしまったり、イライラして、つぶしてしまったりするわけですが、鼻のニキビを悪化させると、「ニキビ跡」になるリスクが非常に高くなります。



▼ニキビ跡というのは、ニキビが治っても、赤みが残ったり、クレーター状の傷跡が残ってしまう状態です。

私も若い頃は、鼻にニキビがよくできていたので、イライラして鼻ニキビを潰してしまい、そのあとでニキビ跡を治すのに苦労しました。

だから私は、「鼻ニキビは、触るべからず!」と、いつも言っています。



▼ちなみに、鼻のニキビ跡を治すには、

「とにかく保湿」

ですね。


ニキビ跡というのは、その部分の肌がダメージを受けて、ターンオーバーがしっかりできていない状態です。

なので、「しっかり保湿」してあげることで、まずその部分の肌を元気にして、修復する必要があるわけです。


ニキビ痕の改善に効果的な保湿化粧品は、やはり、

「リプロスキン」だと思います。



▼ということで本日は、鼻のてっぺんのニキビについて書いてみました。

私なりにまとめると、


「通常のニキビの原因は、主に生活習慣だが、鼻ニキビの原因は、生活習慣に加えて、鼻特有の特徴がニキビの原因になっている」

「特に、鼻の皮脂量が多いことが、鼻ニキビをできやすくしている」

「鼻ニキビを防ぐには、睡眠などの生活習慣の他に、触らない・紫外線を当てない、といった鼻ケアが重要だと思う」

「尚、鼻ニキビはニキビ跡になりやすいので、絶対につぶさない方が良いと思う」



私はこのように考えています。



▼鼻の頭のニキビは、非常にできやすく、治りにくい。

私もいちばん嫌いなニキビです。


ですからなるべく、鼻のてっぺんにニキビを作らないように「予防」を、することも重要ですね。

ご参考まで。

ニキビを治すコスメについて

▼ニキビを治すには、保湿化粧水が必須です。

ニキビを治すために、私が使っている化粧水は、有名どころですが、やはり
【リプロスキン】です。

ニキビ予防と、ニキビ跡の改善に効果大ですね。


▼その他、ニキビ改善に効果の高いコスメのランキングは、こちらで発表しています。
  ↓
ニキビ改善に効果の高いコスメのランキング

サブコンテンツ