顔の皮脂分泌が多い原因と理由~皮脂を出さない洗顔方法。顔の油が多すぎる時

顔の皮脂分泌が多い原因と理由


▼「私は顔の皮脂が多く、ニキビができやすいです。なぜ皮脂が多いのでしょうか?」

というご質問をいただいたので、本日は、皮脂分泌が多い原因について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

油2



▼皮脂が多い原因は?

私の経験談で書けば、


「皮脂量は、交感神経優位もしくは男性ホルモンが多くなった時に、増えるような気がする」

「具体的に言えば、寝不足・ストレス・肉食・運動しすぎなど」

「また、洗顔回数が多すぎる場合も、皮脂量が増える印象」



では具体的に考察してみます。



▼以前にも、当ブログで書いたと思いますが、皮脂の分泌量は、生まれつきの体質と言うよりも、むしろ、

生活習慣

によって左右されると、私は考えています。


つまり、皮脂の分泌量は、後天的に改善することが可能だと思う。



では生活習慣のどこを改善すれば、皮脂が減少するのか?

前回も書きましたが、皮脂の過剰分泌を防ぐポイントは、

睡眠時間と洗顔回数

だと思うわけです。
(あくまで私の見解です)



▼これについては前回の記事でも解説したので、簡単に書きますが、


「睡眠時間が短くなるほど皮脂が増加する」

「洗顔回数が多くなるほど皮脂が増加する」



と私は考えています。



▼私の個人的な経験とデータから考えると、「食べ物」はそれほど皮脂の分泌量に影響しないと思います。

よく、「脂っこいものを食べると皮脂が増加する」というイメージがありますが、食べ物よりもむしろ睡眠時間のほうが、よほど皮脂の分泌量に影響を及ぼすと、私は考えています。



ですから、皮脂の分泌量を減らすには、まず第一に、「たくさん眠る事」

ここが土台になる。

皮脂量が多くて悩んでいる人は、できるだけ眠る時間を増やすようにしてみてください。

今までよりも、皮脂量が減少して、顔がサラサラしてくると思います。



その上で、次に「洗顔の回数」がポイントになります。

洗顔は、頻繁に行った方が良いと思っている人がいますが、これが意外とそうでもありません。



むしろ、「洗顔フォームで顔を洗えば洗うほど、皮脂の分泌量が増え、ニキビも増える」

という人が非常に多いわけです。

私もそうです。



▼なので、私の場合は、時期によって皮脂の分泌量が妙に多いときには、

「あえて洗顔フォームでの洗顔をしない日を作る」

という事をやります。



▼原則的には、洗顔フォームでの洗顔は、夜は必ず1回行うんですが、夏場など、皮脂の分泌量がどうしても多くなってしまう時期は、毎日洗顔フォームで洗顔すると、顔がやたら脂ぎることがあります。


ですからそんな時期は、

「今日は洗顔フォームは使わないでおこうかな(ぬるま湯だけで洗う)」

という判断をするわけです。



▼洗顔フォームで洗顔すると、翌日は顔に皮脂が出やすいです。

特に、市販の洗浄力の強い洗顔フォームは、皮脂を根こそぎ洗い流すので、その後で皮脂の過剰分泌が起こりやすくなる印象です。



▼逆に洗顔フォームを使わずに、ぬるま湯で顔を洗うだけにしておくと、翌日の皮脂分泌量が減少します。

もちろん、あまり頻繁に洗顔フォームを使わない、という判断を下すと、逆にニキビが増えてしまうので、そのタイミングは経験を積んでいくしかありません。


慣れれば、洗顔フォームの使用頻度のコントロールで、皮脂量をある程度コントロールできるようになります。



▼私の場合は、「最近、何だか皮脂が多いなぁ」と感じたら、3日に1回くらいは、「洗顔フォームなしの日」を作ります。

これによって皮脂の分泌量が減少し、ニキビができにくくなっています。
(あくまで私の経験談です)



皮脂はニキビの原因であり、悪者扱いされることが多いわけですが、身体にとっては不必要な分泌物などなく、皮脂もまた、生きていくために必要な物質です。

だから、過剰な洗顔で皮脂を洗い流してしまうと、人体は「皮脂が足りないぞ!皮脂を分泌しろ!」と、命令を出し、さらに皮脂が増えるわけです。
(あくまで私の想像です)



▼ある程度の皮脂は、外部からの紫外線や虫などの攻撃を避けるために必要。

皮脂がないと、人間は外を出歩くことができないと思う。


悪いのは、皮脂ではなく、「皮脂が出すぎること」だと思うわけです。

その点で、洗顔のしすぎは、「皮脂が出すぎること」につながる。

また、寝不足などで交感神経が刺激されても、皮脂量が増えて、ニキビにつながると思うわけです。



▼ということで本日は、皮脂の分泌量が多い原因について書いてみました。

私なりにまとめると、


「皮脂の分泌量が多い原因は、洗顔のしすぎと、寝不足やストレスによる交感神経刺激が主原因だと、私は考える」

「皮脂そのものは、人間が生きていくために必要不可欠な物質なので、適度な皮脂は必要」



私はこのように考えています。



▼皮脂の分泌量を減らしたいときは、

「あえて洗顔フォームを使わない日を作る」

「頑張って、長時間寝てみる」


ということを、私は自分自身でテストしています。

個人差はあると思いますが、私の場合は、これらの施策で、皮脂量が減少しています。


皮脂が増えすぎるときは、お休みの日などを利用して、ちょっと試してみてください。

ご参考まで。

ニキビを治すコスメについて

▼ニキビを治すには、保湿化粧水が必須です。

ニキビを治すために、私が使っている化粧水は、有名どころですが、やはり
【リプロスキン】です。

ニキビ予防と、ニキビ跡の改善に効果大ですね。


▼その他、ニキビ改善に効果の高いコスメのランキングは、こちらで発表しています。
  ↓
ニキビ改善に効果の高いコスメのランキング

サブコンテンツ