コンビニおにぎりはニキビの原因?コンビニの食べ物や食事の添加物。お弁当と肌荒れ

コンビニおにぎりはニキビの原因?


▼「私はコンビニで食事を済ませることが多いんですが、ニキビが多いことと関連性がありますか?」

というご質問をいただいたので、本日は、コンビニおにぎり(弁当)とニキビについて、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

コンビニおにぎり



▼コンビニおにぎり等はニキビの原因になるか?

私の経験談で書けば、


「コンビニのおにぎり(弁当)は、自分で作ったおにぎりより油などの添加物が多く、ややニキビができやすいと思う」

「また、おにぎりは炭水化物なので、単純に、食べすぎると糖質過剰でニキビができやすくなる気がする」

「腹八分目までなら、コンビニで食事しても問題ない」



では具体的に考察してみます。



▼現代人にとって、コンビニの食事は非常に便利で、すでに、かけがえのないものです。

なんと言っても「料理をする時間が節約できる」

忙しい現代人は、コンビニの食事が必然的に多くなってしまいますね。私もそうですが。



▼ただ、このコンビニの食事。

人によっては、ニキビができやすくなってしまうケースがあります。


例えば、「コンビニのおにぎり」

コンビニのおにぎりは、自分で作ったおにぎりより、「油が多い」時があります。


これは、おにぎりが腐りにくいようにするためだったり、ご飯がパサパサになってしまわないように、お米に油がつけられていることがあるからです。



▼このようなコンビニおにぎりの工夫は、美味しく食べるためだったり、腐らないように安全に商品を届けるという面では良い。

ですが、「ニキビ改善」という面から考えると、あまり好ましくないと思うわけです。



▼おにぎりだけでなく、お弁当のご飯にも油が使われていることがあるし、コンビニの食品すべてに、通常の家庭の食事では使われない添加物が使われています。


これらの添加物も、食中毒を防ぐためだったり、「おいしいと感じさせる」ために添加されているわけです。
(あくまで私の見解です)

これらの添加物は、体への影響も微細で、大量に食べない限り、食べてもほぼ問題ないと思います。



ただ、ニキビができやすい体質の場合、このような添加物を「継続的に食べ続ける」ことによって、ニキビができやすくなることがあります。


実は私自身も、昔ニキビに悩んでいた頃、コンビニ弁当を頻繁に食べていたことがありました。

コンビニの添加物の影響は小さく、健康な人であればほとんど影響は出ないわけですが、「食べ続ける」のはちょっと避けた方がいいかもしれない。



▼人間は、白米などの炭水化物を摂取することによって、体内の糖質&脂肪量が増加して、皮脂も増加する。

その結果、ニキビができやすくなる面があるわけですが、コンビニおにぎりの場合は、これに加えて「ご飯に脂が付いている」ことがあるので、さらに脂肪分が増えてしまうと思うわけです。



▼それから、おにぎりは自分である程度、量をコントロールできますが、お弁当の場合、食べ過ぎてしまうことがある。

コンビニ弁当は、コストパフォーマンスが悪いと売れない。

コンビニの場合、売れない商品は入れ替えてしまうので、売れる商品だけが残る。


そうなってくると、「安くて、満足度が高い商品だけが残る」という傾向があると思うわけです。



▼その結果として、「安く作れる、炭水化物と脂質のお弁当が増えてくる」印象です。

具体的には、「白米と揚げ物」みたいなお弁当ですね。のり弁とか。


このようなお弁当は、安くてお腹がいっぱいになる。満足できる。

ただ、白米が多めに入っていることと、炭水化物と脂質を同時に摂取することになる。


その結果、体内の糖質と脂肪分が増加して、皮脂量が増えると思うわけです。

皮脂量が増えれば、ニキビもできやすくなります。



▼あと、人によっては「コンビニスイーツ」が好きだと思います。私も好きです。

コンビニにお弁当を買いに行くと、必ず、魅力的なスイーツと出会ってしまう。

そして、「お弁当&お菓子」という組み合わせで食べてしまう。


これもまた、糖質の過剰摂取となり、皮脂が増えると思うわけです。



▼スイーツと同時に、「甘い飲み物」も、コンビニにはたくさん並んでいます。

お弁当とスイーツとジュース。

こんな感じで買い物してしまう人も多いのでは?

上述の通り、この組み合わせは「糖質が多すぎる」と思うわけです。



白米や砂糖などの糖質は、人間のエネルギー源として使われますが、「余った糖質」は、体脂肪となる。

また、余った糖質は、皮脂となる。

(あくまで私の認識です)


そのため、白米やスイーツやジュースを食べ過ぎると、皮脂が増加して、ニキビができやすくなると私は思うわけです。



▼ということで本日は、コンビニの食べ物とニキビの関係について書いてみました。

私なりにまとめると、


「コンビニの食品は、油や添加物が含まれているため、食べ過ぎるとニキビの原因となる」

「ただ、それ以上に、コンビニでは糖質を過剰摂取してしまいやすいので、糖質過剰が皮脂を増やして、ニキビを増やしてしまう気がする」

「コンビニに行くのは問題ない。ただし、余計なお菓子やジュースは買わない。腹八分目を守る。ということが、ニキビ改善には重要だと思う」




▼私は、コンビニ弁当の添加物を撲滅するべし!と言うつもりはありません。

添加物のおかげで、安全に美味しく食べられるという面もあるからです。


ただ、今あなたがもし、ニキビに悩んでいるなら、コンビニの食事は、あまり連続では食べない方が良いかと思います。

たまに食べる分には、コンビニの食べ物は便利で、体にも悪影響は出ないと、私は考えます。

ご参考まで。

ニキビが治るコスメランキング

▼当ブログの管理人の私が、ニキビ改善に効果を感じたコスメのランキングは、こちらで発表しています。
  ↓
ニキビ改善に効果の高いコスメのランキング
ランキング



コンビニ食品とニキビの関係(アプローチ その2)


コンビニ弁当のお米を食べ過ぎるとニキビができる?


▼「コンビニ弁当などで、白いご飯を食べ過ぎるとニキビができる気がするんですが、関係ありますか?」

というご質問をいただいたので、本日は、コンビニ食品(お弁当・お菓子)とニキビの関係について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

白米



▼コンビニ食品は、ニキビの原因になるか?

私の経験談で書けば、


「コンビニ弁当でも自炊でも、白米の食べ過ぎはニキビにつながる気がする」

「特に、コンビニ弁当は、糖質+脂質 なので、食べ過ぎるとニキビができやすいと思う」

「また、コンビニのアイスやジュースは、糖質が大量に入っていることが多いので、ニキビの原因になると思う」



では具体的に考察してみます。



▼私の場合も、白いご飯を食べ過ぎると、ご質問者さんのおっしゃるとおり、ニキビができやすくなります。

これは、白いご飯をたくさん食べることによって「糖質」を過剰に摂取してしまうからだと思われます。
(あくまで私の見解です)



▼ニキビの原因と言えば、多くの人はチョコレートだったり、ピーナツだったり、甘い物を連想するかと思います。

ですが、糖質というのは甘いものだけでなく、白いご飯などの炭水化物も糖質なわけです。


ですから、にきび予防のためにチョコレートを我慢したとしても、白いご飯をたくさん食べると、糖質を摂取しているのは同じなので、我慢の意味がないということになると思うわけです。



▼さて、コンビニ弁当や、ファーストフードの食事がニキビにつながることがあります。

これは、コンビニのお弁当やファーストフードのメニューは、白いご飯が多めに入っていることと無関係ではないと思う。



▼私の感覚で言えば、「脂肪分」よりも「炭水化物」の方が、ニキビができやすくなると思います。

脂質(おかず)だけを食べ過ぎても、それほどニキビに直結するという感覚はありませんが、白いご飯などの炭水化物を食べ過ぎると、私の場合は、かなりニキビができやすくなる印象です。



▼特に最悪なのは、上述の通り、「脂質+炭水化物

この2つを同時に食べると、「血糖値が上昇したところに脂肪分を投下する」ことになるため、極めて太りやすく、そして皮脂量が増加して、ニキビができやすくなると思うわけです。



▼また、コンビニやファミレスやハンバーガーは、炭水化物がてんこ盛りで、しかも高カロリーで塩分が多い。

まさに、ニキビができやすくなる食事と言わざるを得ないわけです。
(その分、刺激的な味で、おいしく感じるわけですが。)



▼確かに、チョコレートやピーナツや激辛のカレーなどは、ニキビの原因になります。

しかし、それ以上に、白米を中心とした「炭水化物(≒糖質)」を食べすぎると、糖質が脂肪分に変わり、皮脂が増加してしまうわけです。

皮脂が増えてしまうと、毛穴が詰まってニキビになるわけですね。



▼それと、「野菜不足」も、ニキビと関連性があると思います。

野菜をしっかり食べれば、ビタミン類も摂取できるので、肌のターンオーバーがスムーズになる。ニキビができにくくなる。

また、野菜を食べることで、炭水化物の食べ過ぎを抑制することもできる。



▼ただ、最近のコンビニのお弁当は、ヘルシーなものが増えてきていますが、まだまだ野菜がたくさん入っているお弁当は少ないです。

野菜をたくさん入れて、ヘルシーなお弁当にすると、どうしても値段が高くなってしまうので売れない印象。

だから揚げ物などの、高カロリー弁当が多くなってしまうと思うわけです。


しかもお弁当などの油は、あまり良い油が使われていないことも多いので、悪い油が、さらにニキビの原因になると思うわけです。



蛇足ですが、コンビニに売っている食べ物で、私がニキビができやすくなると思う食べ物は、


・アイス

・甘い炭酸ジュース

・甘い缶コーヒー

・炭水化物が多いお弁当

・チョコレート

・甘い菓子パン



この辺は、私の経験では、頻繁に食べているとニキビができやすくなる印象です。



▼コンビニには必ずあるアイスクリーム

私は頻繁に食べると、ニキビができてしまいます。


アイスというのは、冷たいから、その甘さがわからないのだと思う。

でも、アイスを皿に置いておいて、溶けた後の液体を飲んでみると、「ヤバイほど甘い」のが分かります。


つまり、アイスというのは、相当な量の砂糖が含まれていると思われる。

人間の味覚は、冷たいと甘さを感じないので、アイスにはかなりの糖質が含まれていると私は思うわけです。
(あくまで私の見解です)



▼また、甘い炭酸ジュースや、甘い缶コーヒーも、冷たく冷やされていることが多い。

しかも、「炭酸」もまた、甘さを感じにくくなるので、通常よりも多量の砂糖が入っていると思われます。


コーラの炭酸を抜いて飲んでみると、かなり甘い。

糖質こそがニキビの原因になると私は考えているので、アイスやジュースは、その糖質の多さを考えると、やっぱりニキビができやすくなってしまうと思うわけです。



▼ということで本日は、コンビニ食品とニキビの関係について書いてみました。

私なりにまとめると、


「コンビニ弁当には、多量の白米と脂質が同時に入っており、この2つを組み合わせると、皮脂量が増加してニキビが増えやすくなると思う」

「ついでに言うと、コンビニ弁当だけでなく、甘いアイスやジュースには糖質がかなり含まれているので、ニキビができやすくなると思う」



私はこのように考えています。



▼私の経験から言って、白いご飯をいつもより食べ過ぎた翌日は、ニキビができる確率が高まります。

多くの人は、チョコレートなどの甘いものは警戒するんですが、白いご飯を始めとした炭水化物は不用意に食べ過ぎてしまう傾向にあります。


炭水化物の食べ過ぎは、ニキビに直結しますので、常に腹八分目にしておくのが良いと思います。

特に、「白米と脂っこいおかずの組み合わせ」は、私はニキビができやすくなってしまうので、食べ過ぎには注意しています。

ご参考まで。

ニキビを治すコスメについて

▼ニキビを治すには、保湿化粧水が必須です。

ニキビを治すために、私が使っている化粧水は、有名どころですが、やはり
【リプロスキン】です。

ニキビ予防と、ニキビ跡の改善に効果大ですね。


▼その他、ニキビ改善に効果の高いコスメのランキングは、こちらで発表しています。
  ↓
ニキビ改善に効果の高いコスメのランキング

サブコンテンツ