玄米食でニキビは改善するか悪化か?肌が綺麗になるか肌荒れするか

玄米でニキビは改善するか?悪化するか?


▼『白米より玄米にすれば、ニキビは治りますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、玄米とニキビについて、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

玄米2


▼玄米はニキビが治るのか?

私の経験談で書けば、


「人による。私の場合は、玄米にすると、逆にニキビが増えた」

「玄米でニキビが治るとしたら、日頃の栄養が偏っている人か、不溶性食物繊維の不足で便秘になっている人かと」

「玄米には毒素も含まれているので、基本的には、白米で良いと思う」

「白米でも玄米でも、炭水化物は食べ過ぎればニキビができやすくなると思う」



では具体的に考察してみます。



▼私は、今でこそ綺麗な肌になりましたが、昔はニキビにかなり悩んでいました。

ニキビ肌から脱却した方法は、当ブログでもいろいろと書いているように、主に、


「生活習慣の改善」と

「化粧品を替えたこと」

です。



▼ただ、上述したような方法にたどり着くまでは、いろいろと試行錯誤していました。

その中で、本日のテーマである、


「玄米でニキビを治そう!」

ということも試してみたわけです。



▼さて、では玄米食にして、私はニキビが治ったのか?

あくまでも私個人の独断データですが、


・・・玄米にしてもニキビは治らず!

でした。
(あくまで私の経験談です)



そもそも、玄米がニキビを治すと言われる根拠は、


・玄米は、不溶性食物繊維が豊富で、便秘が解消されるので、腸内環境が改善され、ニキビも改善される説

・玄米にはデトックス作用があるので、体内の老廃物が排出され、その結果ニキビが治る説

・玄米は白米よりも、ビタミンなどの栄養が豊富なので、肌のターンオーバーも活性化する説



だいたい、このような根拠らしい。

しかし、玄米には1つ落とし穴があるように思う。



玄米の落とし穴。それは、


体質によっては玄米は、逆に、体内に毒素がたまることがある

ということです。


玄米というのは、お米の外側を削っていない、「皮付きのお米」です。

この皮が、不溶性の食物繊維となり、良くも悪くも人体に影響を与えるわけです。



▼食物繊維は体質に合えば、確かに便秘を解消します。

しかし、もともと便秘がちな人は、私と同じように、不溶性食物繊維を摂ることで、かえって便秘になってしまうことがあります。


腸の中に食物繊維がどんどんたまってしまうと、蠕動運動で排出することができなくなるわけですね。



▼こうなってしまうと、日に日に便秘がひどくなっていくため、宿便から毒素が出て、肌荒れします。

実際私も、この状態に陥り、玄米を続けることによって、逆にニキビが増えてしまいました。



▼とは言え、「便秘の原因が、不溶性食物繊維不足の人」にとっては、玄米を摂ることで便秘が解消されるので、ニキビも綺麗になることがあります。


ですから、玄米でニキビが治るかどうかは、「体質による」と思うわけです。



▼まあそれを言ったら、玄米に限らず、

「万人に合うニキビ対策はない」

と言えます。


なぜなら人それぞれ体質が全然違うからです。

ですから、自分に合ったニキビ対策というのは、一人一人の試行錯誤の中から生まれると、私は思うわけです。



▼ちなみに、玄米の「不溶性食物繊維」は、私は便秘になります。

でも、「水溶性食物繊維」は、かなり便秘が解消します。私の場合。


水溶性食物繊維というのは、「ヌメヌメした食品」という感じでイメージしていただければ、わかりやすいかと。

例えば、めかぶ・ワカメ・オクラ、などです。


私の場合は、これらの水溶性食物繊維を摂取すると、便秘が解消して、肌荒れしにくくなります。

あくまでも私のイメージですが、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維は、同じ食物繊維でも、全く効果が違ってくる気がします。



▼尚、発芽玄米は乾燥してくると、アブシジン酸という、自分の身を守るホルモンを分泌する。

このアブシジン酸は、食べると人間の体内のミトコンドリアの機能が低下することがあり、そのことが間接的に、肌のターンオーバーを阻害し、ニキビの発生確率を上げる可能性もあります。



▼ちょっと脱線しました。玄米の話に戻りましょう。

上述の通り、玄米というのは、「外側の皮」が残っているお米です。

という事は、「残留農薬」も、そのまま食べることになる。


これが「毒素」として体に判定されると、体はその毒を体外に排出しようとする。

その過程で、毛穴からも毒素が排出される。

そうなると、毛穴を毒素が通過することになり、毛穴の炎症が起こりやすくなる。


すなわち、玄米で毒素を摂取しすぎると、ニキビが増えるのではないか?

と、このように私は認識しているわけです。
(あくまで私の見解です)



▼ということで本日は、玄米とニキビについて書いてみました。

私なりにまとめると、


「私の考えでは、白米から玄米にしただけで、ニキビが治るという事はないと思う」

「むしろ、玄米の毒素や不溶性食物繊維によって、逆にニキビができやすくなるケースも多い気がする」

「ただ、不溶性食物繊維の不足で便秘がちな人や、ビタミンが不足している人の場合は、玄米でニキビが治る可能性もある」

「基本的には、白米で良いかと思う」

「白米でも玄米でも、炭水化物の過剰摂取はニキビにつながるので、食べ過ぎは禁物」



私はこのように考えています。



▼テレビや雑誌などで、「玄米は絶対に美容と健康に良い!」とか書かれていると、妄信してしまう人も多いですが、上述したように体質は人それぞれなので、どんなニキビ対策をするにしても、

「それは自分の体質に合うか?」

という視点で、新しいニキビ対策はなるべく慎重に行っていくと良いかと思います。

ご参考まで。

ニキビを治すコスメについて

▼ニキビを治すには、保湿化粧水が必須です。

ニキビを治すために、私が使っている化粧水は、有名どころですが、やはり
【リプロスキン】です。

ニキビ予防と、ニキビ跡の改善に効果大ですね。


▼その他、ニキビ改善に効果の高いコスメのランキングは、こちらで発表しています。
  ↓
ニキビ改善に効果の高いコスメのランキング

サブコンテンツ