ニキビができやすい時期~ニキビにバイオリズムやサイクルはあるか?季節と吹き出物

ニキビができやすい時期・季節


▼『生活はいつも同じなのに、ニキビができやすい時期と、全くできない時期があります。なぜでしょうか?』

というご質問をいただいたので、本日は、ニキビができやすい時期について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

季節


▼ニキビができやすい時期はあるか?

私の経験談で書けば、


「ニキビができやすくなる時期は、あると思う」

「私の場合でも、同じようなスキンケアをしていても、ニキビができる時期とできない時期がある」

「具体的には、季節要因・生理周期・バイオリズム周期。これらが影響しているのではないか?」



では具体的に考察してみます。



▼ニキビができやすい時期といえば、まず思いつくのは、季節としての「

夏場は、汗をかきやすく、汗の増加とともに、皮脂も増加する。

そうなると、毛穴に皮脂が詰まりやすくなるため、どうしてもニキビができやすくなる印象です。



▼私の個人的な経験でも、季節でいえば、圧倒的に夏場はニキビができやすくなる。

秋冬は、乾燥肌になりやすいので、角質がゴワゴワになり、毛穴が詰まりやすくなるというのもあるんですが、やはりそれ以上に、夏場の発汗は、ニキビの原因になりやすいと思います。



▼なので、夏場の汗は、できるだけ放置しない方が良いかと思います。

ただ、洗顔フォームで何回も洗顔してしまうと、さらに皮脂が増えてしまうので、夏場でも洗顔フォームは「夜だけ」にした方が良いかと思います。



▼さて、このような季節的な要因とは別に、

なぜか、ニキビがやたらと出来やすい時期

というのが、あるような気がします。
(あくまで私の認識です)



▼これについて、いろいろなニキビ関連の文献を読み漁ってみたんですが、まだ明確なデータは分析されていない模様。

なので本日は、私がニキビを克服してきた過程から集めた、個人的なオリジナルデータで書いてみたいと思います。



▼「なぜかニキビがやたらと出来やすい時期」があるのは、もしかすると、


「自律神経に、バイオリズムやサイクルがあるのではないか?」

というのが私の仮説です。



▼自律神経というのは、当ブログでもいつも書いていますが、交感神経と副交感神経のバランスの事です。

この自律神経が、交感神経の方に寄ってしまうと、男性ホルモンが増えて皮脂が増加するため、ニキビができやすくなると、私は考えます。



▼交感神経は、寝不足をしたり、強いストレスを受けたりしたときに活発になる。

交感神経というのは、「戦闘モード」ですから、外部からのストレスと戦うために、自分の心身の状態を活動的なモードに切り替えるわけですね。



▼つまり、ニキビというのは交感神経が優位になると、できやすいと思う

だから私は、当ブログで、「寝不足は避けてください」とか「ストレスを蓄積させないでください」と書いているわけです。



▼しかし、このようなことに気をつけていても、なぜかニキビができてしまう時期がある。

これはもしかすると、


「交感神経優位のサイクル」というものが存在するのではないか?と思うわけです。
(あくまで私の意見です)



▼そう考えると、「ニキビができやすくなる時期」というのは、どうしても発生してしまうことになります。

バイオリズムによって自律神経のバランスが変化するなら、皮脂量も、一定のサイクルで増減する、ということになると思うからです。


つまり、同じようなスキンケアをしていても、バイオリズム周期によって、皮脂量が増えたり減ったりするのではないか?と。

皮脂量が増えれば、当然、ニキビができる確率も上がります。



▼もちろん、日頃から生活習慣を正しく守ることによって、ニキビができる確率を大きく下げることはできます。

が、上述したような、生物としてのバイオリズムサイクルはあると私は思うので、ニキビを完璧にゼロにすることは難しい。


そのように考えておけば、ニキビができてもイライラしなくて済むし、イライラを減らせば、結果的にニキビも減っていくという、好循環に入ることができると思うわけです。



▼「こんなにいろいろやっているのに、なんでニキビがたくさんできるの!」

とキレてしまうと、それ自体がストレスになって、さらにニキビができやすくなってしまうからです。


ですから、

「ニキビができやすくなる時期はある」

ということを頭に入れておけば、少しぐらい時期によって肌の調子が悪くなっても、一喜一憂することなく、正しいスキンケアを続けていけると思うわけです。



▼それから、バイオリズム周期の他に、女性の場合は「生理周期(月経周期)」があります。

女性の場合は、生理周期によってホルモンバランスが大きく変わるので、必然的に、ニキビができやすい時期と、できにくい時期が発生してしまいます。



▼女性は生理周期によって、女性ホルモンのエストロゲンが増えたり、女性ホルモンのプロゲステロンが増えたりするため、どうしても「ニキビが増えやすい時期」は、生まれてしまう印象です。


一般的には、生理前にプロゲステロンが増加して、ニキビができやすくなる。

生理が始まって数日で、エストロゲンが増加して、ニキビが緩和されてくる。


このような流れになりやすいと思います。


なので、女性の場合は、「生理前はニキビができやすい」という意識を持って、生理前は睡眠時間を長くしたり、脂質と炭水化物の摂取量を少し抑えたりすることで、生理前でもニキビを最小限にすることができると思います。



▼ということで本日は、ニキビができやすい時期について書いてみました。

私なりにまとめると、


「同じようなスキンケアをしていても、時期によっては、ニキビができやすくなると思う」

「例えば、夏場。あるいは生理前。そして、バイオリズムサイクルによる交感神経優位の時期。この辺でニキビが増えやすくなるのではないか?」



私はこのように考えています。



▼季節変動やバイオリズム変動は、自分ではコントロールできない部分です。

なので、このような要因によってニキビが増えるのは、ある意味仕方がないと思う。


ただ「この時期はニキビができやすい」と、自分で分かっていれば、その時期に睡眠や食事を工夫することで、かなりニキビを減少させることができると、私は考えています。

ご参考まで。

ニキビを治すコスメについて

▼ニキビを治すには、保湿化粧水が必須です。

ニキビを治すために、私が使っている化粧水は、有名どころですが、やはり
【リプロスキン】です。

ニキビ予防と、ニキビ跡の改善に効果大ですね。


▼その他、ニキビ改善に効果の高いコスメのランキングは、こちらで発表しています。
  ↓
ニキビ改善に効果の高いコスメのランキング

サブコンテンツ