あぶらとり紙は鼻ニキビ予防にならない?逆効果で皮脂増加。余計皮脂が増える

あぶらとり紙はニキビ予防になるのか?


▼『あぶらとり紙で皮脂を取れば、ニキビを防ぐことができますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、あぶらとり紙はニキビ予防になるかについて、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

あぶらとり紙


▼油取り紙で、ニキビを予防できるか?

私の経験談で書けば、


「皮脂を放置するよりは、適度にあぶらとり紙で皮脂を拭き取った方が、ニキビのリスクを下げることができると思う」

「ただ、1日に何度もあぶらとり紙で皮脂を取ってしまうと、逆に皮脂量が増加して、ニキビが増えるようになる気がする」



では具体的に考察してみます。



▼あぶらとり紙は便利なもので、外出中など洗顔できない時でも、顔のテカリを抑えることができます。

特に女性は、メイクの関係もあるので、あぶらとり紙は必需品ですね。



▼さて、そんなあぶらとり紙。

ニキビを防ぐ効果はあるのか。


私の考えを書けば、

「皮脂を放置すると、酸化した皮脂が毛穴の炎症を招くので、適度なあぶらとり紙の使用は、ニキビ改善に効果的だと思う」

「でも、そんなあぶらとり紙も、使いすぎれば逆効果」


と思います。



▼あぶらとり紙とニキビの関係については、私自身、いろいろな書籍を読みました。

「皮脂を取ればニキビを防ぐことができる」という記述もあったわけですが、これについては私はちょっと懐疑的な部分もありますです。



▼自分の経験として、私も皮脂が気になって、頻繁にあぶらとり紙で皮脂を取っていた時期がありました。

では、その時期はニキビができなかったか?


「ニキビの発生確率は、あまり変わらなかった気がする」

むしろ、あまり頻繁にあぶらとり紙を使うと、あぶらとり紙を使う前よりも、ニキビが増えたような気がしたわけです。
(あくまで私の経験談です)



▼なので私は、

あぶらとり紙を使いすぎると、逆に皮脂が増えて、ニキビができやすくなるのではないか?

と感じるわけです。


これは、「洗顔のしすぎ」と同じ考え方です。

洗顔をしすぎると、皮脂が不足して、逆に皮脂が増えてしまう。その結果、ニキビもできやすくなってしまうと思うわけです。



▼同じように、あぶらとり紙も使いすぎると皮脂が不足して、そこから逆に皮脂が増加する印象。

これによって、あぶらとり紙を使わない時の方が、ニキビが少ないという逆転現象が起こる可能性があるわけです。

私の場合は、そんな感じでした。



▼つまり、「あぶらとり紙の使い過ぎは逆効果」という可能性もある。

あぶらとり紙の使い過ぎは、逆に皮脂が増えるような気もする。

その結果として、あぶらとり紙を使いすぎると、かえってニキビを増やすことになるのではないか、と。



▼「皮脂」というのは、ニキビの原因だから、常に悪者にされがちです。

でも、皮脂は人体にとって必要だからこそ、分泌されている。


皮脂は、肌の表面を油でコーティングすることによって、肌の水分が蒸発してしまわないように頑張ってくれている。

また、肌の表面を油でガードすることによって、外部からの細菌の侵入をブロックする。

あるいは、外部からの物理的な衝撃を、油の作用によって緩和する。


皮脂には、このような重要な役割があるわけです。



▼なので、「あぶらとり紙」や「洗顔」で、皮脂をあまりにもきれいに取り除いてしまうと、人体は「皮脂が不足している!」と判断し、また皮脂を分泌する。


なので、あぶらとり紙で1日に何度も皮脂を拭き取ると、その瞬間は、顔がサラサラで気持ちが良いですが、また皮脂が分泌されてしまう。

皮脂が分泌されすぎてしまうことによって、ニキビ発生のリスクも高まると思うわけです。



▼また、あぶらとり紙は、その材質が硬めです。

あぶらとり紙は、ガサガサしている。

なので、あまり頻繁に硬い材質を肌に擦りつけると、あぶらとり紙の摩擦が刺激となり、毛穴の炎症を招く可能性もある気がする。



▼ニキビ予防という観点から考えると、「できるだけ肌には刺激を与えないほうがいい」と思う。

洗顔は優しく。

なるべく手で顔を触らない。

長時間マスクをしない。


これらは、私が意識していることですが、「顔の肌に刺激を与えない」という目的です。

肌への外部刺激は、上述の通り、毛穴の炎症が起こりやすくなり、ニキビができやすくなると思うからです。


なので、あぶらとり紙を使う時も、「あぶらとり紙は、できるだけ優しく肌に触れるようにする」のが重要だと思います。



▼さて、ここまで「あぶらとり紙の使い過ぎは、ニキビの原因になる」と、書いてきました。

その一方で、

「分泌された皮脂を、そのまま放置してしまうことも、ニキビの原因になる」

と、私は思うわけです。



▼ニキビ改善には、バランスが重要です。

「皮脂を適度に残す」という感覚。


でも、あまりにも皮脂をそのまま放置してしまうと、皮脂が酸化して雑菌が増えやすくなり、ニキビの原因となります。



▼なので、私があぶらとり紙を使う頻度は、「1日1回か、多くても2回まで」としています。

これくらいなら、皮脂の過剰分泌は起こらず、「適度な皮脂量」を維持できる気がします。



▼ということで本日は、あぶらとり紙とニキビについて書いてみました。

私なりにまとめると、


「1日1~2回までなら、あぶらとり紙は、ニキビ改善に役立つと思う」

「ただ、これ以上の回数になると、逆に皮脂量が増加して、ニキビが増える可能性もある」

「また、あぶらとり紙を強く肌に当ててしまうと、その刺激でニキビができやすくなるので注意」



私はこのように考えています。



▼何事も過ぎたるは及ばざるが如し。

やりすぎれば逆効果。

特に、スキンケアは繊細な問題なので、「洗顔のしすぎ」や「あぶらとり紙の使い過ぎ」には注意が必要ですね。

ご参考まで。

ニキビを治すコスメについて

▼ニキビを治すには、保湿化粧水が必須です。

ニキビを治すために、私が使っている化粧水は、有名どころですが、やはり
【リプロスキン】です。

ニキビ予防と、ニキビ跡の改善に効果大ですね。


▼その他、ニキビ改善に効果の高いコスメのランキングは、こちらで発表しています。
  ↓
ニキビ改善に効果の高いコスメのランキング

サブコンテンツ