ニキビ跡の赤みが消えない~治し方。ニキビ跡は治らない?シミ・色素沈着

ニキビ跡の赤みの治し方


▼『ニキビが治ったのに、赤みが残ってしまいます。治りますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、ニキビ跡の赤みの治し方について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

天使2


▼ニキビ跡の赤みは、どうすれば治るか?

私の経験談で書けば、


「ニキビ跡の赤みを治すのは、自分の自然治癒力だと思う」

「自然治癒力とターンオーバーを活発にすれば、ニキビ跡の赤みも、自然と治っていくということになる」

「具体的な施策としては、睡眠・食事・化粧水、この3つがポイントになると思われる」



では具体的に考察してみます。



▼一般的に、「ニキビ跡は治らない」と言われることも多いわけですが、治ります。
(経験談)

肌が陥没するクレーター状態までいってしまうと、元に戻すまでにかなりの時間がかかってしまいますが、

「肌の赤み」

なら、高確率で元通りに治すことが可能です。



▼そもそも、ニキビが治った後に、肌に赤みが残るというのは、「肌が炎症している状態」ですね。

なので、炎症がスムーズに収まるように、私たちにできる事は、

「正しい生活習慣」

を守ることです。



では、正しい生活習慣とは?

私が、ニキビ跡の赤みを治した経験から、重要だと感じた生活習慣を挙げてみます。


・睡眠時間をなるべく長くすること

・少食にすること

・ニキビ跡の赤み専用の化粧水を使うこと

・仕事や人間関係を頑張りすぎないこと



こんな感じです。

では、一つ一つ見ていきましょう。



▼「ニキビ跡の赤み」を治すために、最も重要なことが、

長めの睡眠」だと私は考えます。


肌の回復は、体が「休息モード」になっている時の方が、スムーズに進むと思われます。

休息モード、すなわち「副交感神経優位」の状態ですね。


副交感神経優位の方が、お肌の回復は早いと感じます。

そして、副交感神経を優位にするのが、「長めの睡眠」だと思うわけです。



▼逆に、睡眠時間が短いと、「交感神経優位」になってしまいます。

交感神経が刺激されると、男性ホルモンが増加して、皮脂も増加する印象。


その上、肌の回復スピード(ターンオーバー)も遅くなる気がするので、やはり「ニキビ跡の赤み」を治すには、睡眠時間の確保が最優先事項だと、私は考えます。



▼次に、「少食にすること

少食とニキビは、関係ないように思われますが、人間は食事を食べ過ぎると、多量の睡眠時間を必要とします。

なぜなら、「食べるほど体は疲れるから」です。
(あくまで私の認識です)



逆に言えば、少食にすれば比較的、少ない睡眠時間で、肌を回復させることが可能であると思うわけです。

ですから、特に、家事やお仕事などで睡眠時間が短くなりがちな人は、食事の量を腹八分目までに抑えることで、睡眠効率を上げて、「ニキビ跡の赤み」や肌荒れそのものを改善することが可能になると、私は考えています。


私自身も現在、「少食&8時間睡眠」をできる限り実行し、ニキビ跡はクレーター以外は消えたし、ニキビそのものが、ほとんどできなくなりました。



▼食事に関してのポイントを、私なりに考えてみると、

「炭水化物をやや減らして、ビタミンとタンパク質を増やす」

私の場合は、ニキビを改善したときは、上記のようなバランスにしました。



▼炭水化物は糖質であり、特に「白米」を食べ過ぎると、糖質の過剰摂取になるので、皮脂量が増加してしまう印象です。

また、お肉の油などの脂質も皮脂量が増えると思う。

なので、「ニキビ改善には、炭水化物と脂質を少し減らす」と、うまく行きやすいかと思います。



▼その代わりに、野菜のビタミンや、鶏肉のタンパク質などを増やすことで、肌のターンオーバーがスムーズになり、ニキビ跡の改善に繋がっていくと思います。

また、上述の通り「腹八分目までで食事を終える」というのも重要です。



▼次に、「お仕事や人間関係を頑張りすぎないこと

これは意外と重要だと思います。

私も、仕事をがんばりすぎたりして、ストレスが強めにかかると、すぐにニキビができてしまったし、ニキビ跡もなかなか治らなかったです。

これも、ストレスによって交感神経が刺激され、ターンオーバーが阻害されてしまっていることが原因だと思われます。



▼最後に、「ニキビ跡の赤み専用の化粧水を使うこと

これは、当ブログでいつもオススメしている化粧水、

リプロスキン

が、ニキビ跡の赤みを消すのに効果的です。

使ったことがない人は、一度、試してみても良いかと思います。



▼ということで本日は、ニキビ跡の赤みの治し方について書いてみました。

私なりにまとめると、


「ニキビ跡の赤みを消すには、まず睡眠と食事を正しく固定し、ストレスケアをする」

「これだけで、あとは時間がニキビ跡を消してくれるが、ニキビ跡専用の化粧水を併用することで、赤みが治るスピードが格段に速くなる」



私はこのように考えています。



▼赤みがなかなか消えない時は焦ってしまいますが、焦ると逆に悪化することも多いです。

ニキビ跡の赤みは、手で触ったり、ゴシゴシ洗顔してしまうと、クレーターになってしまったり、色素沈着のシミになってしまったりするので、絶対に触らないことです。


自分の自然治癒力を信じて、生活習慣を改善していくことが、結果的には、ニキビ跡の赤みを治す最短ルートになると、私は思います。

ご参考まで。

ニキビを治すコスメについて

▼ニキビを治すには、保湿化粧水が必須です。

ニキビを治すために、私が使っている化粧水は、有名どころですが、やはり
【リプロスキン】です。

ニキビ予防と、ニキビ跡の改善に効果大ですね。


▼その他、ニキビ改善に効果の高いコスメのランキングは、こちらで発表しています。
  ↓
ニキビ改善に効果の高いコスメのランキング

サブコンテンツ