ビールはニキビができる?できない?ビールの糖質と吹き出物。皮脂が増える?

ビールはニキビができる?


▼『私は、ビールをよく飲むんですが、ニキビができやすくなりますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、ビールはニキビができるか?について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

ビール


▼ビールを飲むとニキビができる?

私の経験談で書けば、


「私は毎日ビールを飲む(350mlを2本)が、ニキビができやすくなるという認識はない」

「むしろ、ビールのホップは女性ホルモン様物質なので、美肌効果につながる気もする」

「ただし、ビールは糖質が多めなので、1日1リットル以上は、肌荒れの原因になり得るかもしれない」



では具体的に考察してみます。



▼暑い夏はもちろんのこと、つらい仕事が終わった後のビールは、一服の清涼剤として、人生に喜びを与えてくれますね。

私もビールは毎日飲みます。

では、ビールはニキビができやすくなってしまうのか?



▼これについては賛否両論あるようですが、私の考えとしては、

ビール単体が原因で、ニキビができやすくなる事はない」と考えます。



▼ただ、これにはいくつかの条件があり、飲み方によっては、ビールが「間接的に」ニキビの原因となることはあり得る。

ビールがニキビの原因となるケースを、私なりに考えてみると、


・アルコールの摂取により、「相対的に」睡眠不足となり、交感神経が刺激されて皮脂が増える場合

・ビールそのものより、「おつまみ」の油が、皮脂の過剰分泌を招く場合

・ビールを飲みすぎると、ビールに含まれる糖質が体内で脂質に変わってしまい、皮脂量が増加する場合

・お酒が弱い人の場合、アセトアルデヒドの作用で、睡眠の質が下がり、皮脂量が増加する場合



はい。
これらは私の考えですが、これらは間接的に、ビールがニキビの原因となり得る条件かなと。



▼まず、ビールを飲むことによってアルコールの代謝が必要となるので、夜にビールを飲むと、飲まない場合よりも、

「少し多めの睡眠」が必要となる気がする。


なので、お酒を飲む日も飲まない日も、同じ睡眠時間だと、「相対的に」寝不足になる可能性があるわけです。

寝不足がニキビの大敵なのは、いつも当ブログで書いている通りです。



▼ちなみに私の場合、1日の飲酒量は、

「ビール350mlを2本」と「白ワイン2杯」

です。



▼私の場合は、不眠症気味なので、お酒を飲まないと寝付きが悪すぎて寝不足になり、ニキビが増えます。

でも、ビール2本とワイン2杯で、スムーズに入眠できるし、朝までぐっすり眠れる感じです。

だから、ホップの美肌効果も意識していますが、しっかり眠るためにビールを飲んでいる部分もあります。



▼ただ、これ以上飲むと、寝つきは良くなるけど、寝た後のアセトアルデヒドの不快感で目が覚めてしまい、睡眠の質が下がる。

その結果、ニキビが増えやすくなる印象です。


なので私は、上記の酒量をキープするようにしています。

尚、「最適酒量」については、かなり個人差があるので、自分で色々と試してみて、ぐっすり眠れる酒量を研究することが重要だと思います。



▼また、ビールを飲む際に、「おつまみ」を食べることが多いと思います。

この時に、鶏の唐揚げや脂っこいものをおつまみとしてしまうと、必然的に体内に取り入れる油分が増加し、それによって皮脂の分泌量も増える可能性があります。


これはビールの責任ではありませんが、間接的なニキビの原因となり得ると思うわけです。



▼次に、「ビールの糖質がニキビの原因となり得るか?」という点。

ビールは、1本で10gくらいの糖質だったと思います。

2本で20gの糖質とすれば、ビール2本とバナナ1本の糖質が同じくらい。


そう考えると、それほどビールの糖質は、気にしなくても良いのかなという気がします。

私自身も、毎日ビールを2本飲みますが、糖質過剰で皮脂が増えるという感じはしません。



▼なので、私はビールの糖質だけでニキビができるとは、少し考えにくいかなと思います。

ビールの糖質の量は、食事に比べると少なく、おつまみを摂らなければ、糖質オーバーになることはないと思われます。
(私の場合です)


ただし、ビール3本以上となると、それなりの糖質量になってくるので、ビールも飲みすぎるとニキビの原因になる可能性はあると思います。



▼ちなみに、「赤ワインだとニキビができない」という噂も耳にしますが、私の経験上では、ワインのほうがニキビができやすいような気がします。

これは、ワインの方がアルコール濃度が高く、睡眠を阻害するリスクも高いからかもしれません。

ワインについては趣旨が違うので、また別の記事で書いてみたいと思います。



▼それと、お酒が弱い人の場合、ビールを少し飲んだだけでも、アルコールの分解がうまくいかず、睡眠の質が下がってしまう人もいます。

このようなタイプの人は、ビールによって、しっかりと眠ることができなくなり、交感神経が刺激されて、ニキビができやすくなることがあります。


これも、ビールのせいではありませんが、あまりお酒が強くない人の場合、ビールを飲むことでニキビができる可能性があるということは、頭に入れておいた方が良いかもしれません。



▼ということで本日は、ビールとニキビの関係について書いてみました。

私なりにまとめると、


「ビールでニキビができるということはないと思う」

「ただし、おつまみで糖質と脂質を食べ過ぎると、おつまみがニキビを招くということは十分にあり得る」

「また、飲み過ぎる人や、お酒が弱い人は、睡眠の質が下がり、間接的にビールがニキビの原因になることはあると思う」



私はこのように考えています。



▼最後に、ビールのメリットも上げておきましょう。


・ホップの作用で寝付きが良くなる

・ホップの作用でストレスが解消する

・炭酸とアルコールで便秘解消効果

・血行が良くなる



はい。
私の認識ですが、これらはビールの大きなメリットだと思います。

どれもニキビの改善に、ポジティブな効果があると考えます。



▼ですので、私の現時点での考えとしては、

ビールは正しい飲み方をすれば、むしろニキビを抑制する可能性がある

と考えています。

ご参考まで。

ニキビを治すコスメについて

▼ニキビを治すには、保湿化粧水が必須です。

ニキビを治すために、私が使っている化粧水は、有名どころですが、やはり
【リプロスキン】です。

ニキビ予防と、ニキビ跡の改善に効果大ですね。


▼その他、ニキビ改善に効果の高いコスメのランキングは、こちらで発表しています。
  ↓
ニキビ改善に効果の高いコスメのランキング

サブコンテンツ