あごニキビの原因と改善方法~あごニキビができやすい理由。予防法と治し方

あごニキビの原因と改善方法


▼『私は、なぜかアゴにニキビができやすいんですが、原因はなんでしょうか?』

というご質問をいただいたので、本日は、あごニキビの原因と改善方法について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

あご


▼あごニキビを治すには、どうすればいいか?

私の経験談で書けば、


「あごニキビを治すには、男性ホルモンを増やさないこと、および、交感神経を刺激しないことが最重要だと思う」

「あごには洗顔フォームのすすぎ残しができやすいので、しっかり洗い流すことを意識する」



では具体的に考察してみます。



▼数あるニキビの中でも、「あごニキビ」には、特徴的な傾向があるように思います。

それは、

あごニキビは、男性ホルモンの影響を受けやすいのではないか?

ということです。
(あくまで私の自説です)



要するに、「男性ホルモンが増えると、あごの皮脂が増えて、あごニキビができやすくなる」と、私は思うわけです。

いつも書いていますが、「男性ホルモン」というのは、男性だけのホルモンではありません。

女性にも当然、男性ホルモンが分泌されています。


ですから、女性の男性ホルモンが増加すれば、あごニキビができやすくなる、と思うわけです。



▼それから、「あご」というのは、洗顔の際に、洗顔料が残りやすい場所でもあります。

お風呂場で、顔にシャワーを当ててすすぐ場合は、それほど問題ありませんが、洗面所で手で水をすくって、すすぐ場合は、あごに洗顔料が残りやすい。

洗顔料のすすぎがしっかりできていないと、その部分に、ニキビができやすくなってしまいます。



▼ですから、あごニキビの予防・改善のためには、

「まずは、あごに洗顔料のすすぎ残しができないように、しっかりすすぐ」

これは最低限やった方がいいと思う。



▼次に、前述した「男性ホルモンの抑制」

これをどうするか?


私の経験上では、男性でも女性でも、「男性ホルモン過剰」な人は、決まった傾向があるように感じます。

男性ホルモンが増えやすい生活習慣があると思うわけです。



では、男性ホルモンが増えやすい人とは?


・睡眠時間が足りていない人

・ストレスが慢性的にかかっている人

・怒りの感情を持ちやすい性格の人

・せっかちな性格の人

・肉食が多い人

・体を動かすのが好きな人



はい。
これらは私の仮説も含まれていますが、この辺に該当する人は、男性ホルモンがどうしても増えやすくなる印象です。
(経験談も含む)



▼性格はなかなか変えられないので、なるべく怒らないようにする、としか言いようがありませんが、

「睡眠」「ストレス」「食事」「運動しすぎ」

に関しては、自分自身でかなりの部分、コントロールすることが可能です。



▼以前にも何度か書いていますが、「寝不足になると男性ホルモンが増えやすくなる」ような気がする。

これは、交感神経が優位になるからだと思われますが、そうであるならば、

睡眠時間が足りていないと、あごニキビができやすくなる」のかなと。

私の経験上でも、そのような傾向にあるような気がします。



▼また、ストレスも交感神経を刺激するので、「ストレスが多い人は、あごニキビができやすくなる

仕事や人間関係で、慢性的にストレスを受けている人は、交感神経が刺激され、男性ホルモンが増加して、ニキビができやすくなる印象です。

特に、あごニキビは、この傾向が強いように思います。



▼また、食事に関しては、

「肉食の割合が多くなるほど、男性ホルモンが増えやすくなり、あごニキビもできやすくなるのではないか?」

と、私は思うわけです。



▼食事とホルモン分泌の関係は、いろいろな文献を読んでみても、まだはっきりとしていないようですが、私の経験で言えば、肉食はニキビができやすくなると思う。

逆に、菜食にすると、ニキビが減少するような。
(あくまで私の経験談です)

あごニキビに関しても同じで、お肉を食べ過ぎると、あごニキビが増えやすくなる印象です。



▼それから、運動について。

男性でも女性でも、体を動かすことが好きな人は、男性ホルモンが増える気がする。

これも、自律神経のバランスによるものかと。


そう考えると、筋トレをしたり、運動したりすると、男性ホルモンが増えて、あごニキビも増えやすくなるのではないか?

ちなみに私の場合は、ハードに運動してしまうと、あごニキビが増えます。



▼ということで本日は、あごニキビの原因と改善方法について書いてみました。

私なりにまとめると、


「あごニキビは、男性ホルモンの分泌量に比例して、増加する気がする」

「なので、あごニキビを治すには、男性ホルモンを減らせばいいのではないか?」

「具体的には、睡眠を長く・菜食・ストレスケア・運動しすぎない。この辺がポイントになるように思う」



私はこのように考えています。



▼私の感覚ですが、あごニキビは上述した通り、傾向が比較的はっきりしているので、治しやすいニキビと言うこともできるかと思います。

まずは基本的な生活習慣を整えて、男性ホルモンを減らし、女性ホルモンを増やすようなイメージで調整してみると良いかと思います。

ご参考まで。

ニキビを治すコスメについて

▼ニキビを治すには、保湿化粧水が必須です。

ニキビを治すために、私が使っている化粧水は、有名どころですが、やはり
【リプロスキン】です。

ニキビ予防と、ニキビ跡の改善に効果大ですね。


▼その他、ニキビ改善に効果の高いコスメのランキングは、こちらで発表しています。
  ↓
ニキビ改善に効果の高いコスメのランキング

サブコンテンツ